top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】自信家、病弱、容姿端麗…犯罪者の驚きの手口とは!?

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、早坂どあ氏の書籍『携帯エアリー』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】元詐欺の受け子との会話、個人情報の驚きの収集方法とは…

携帯エアリー

大木は岩手県出身。高校卒業後、東京の文東大学、つまり省吾、冬彦、若宮の卒業した大学へ行った。

文東大学は国立の二流大学で、偏差値のわりに就職率が低い。それでも体裁を気にして親も本人も進学を希望する。そして本人が頑張って受験勉強して入学するが、学校を卒業する前の就職試験の時、会社からは学力よりも協調性や礼儀、センスを問われる。

大木が就職した会社は「TOF」と言うが、大木の仕事は営業だ。上司の言いなりになって指示通りに動くタイプの人間が高く評価される。大木は営業が得意だったが、上司からの指示とは違う独自の手法で成績を上げた。

広告の後にも続きます

しかし、上司から「客のニーズに答える仕事をしろ! 客を騙したり弱みにつけ込んで、あとで反感持たれるような仕事はするな!」とダメ出しされ、結局自主退社。

その後、自身の会社を立ち上げようと知り合いからお金を集めたが、それが簡単に集まるため、会社を作るより詐欺の方がうまくいくと考えた。震災で家族を失った大木は、震災の義援金を集めて自分のものにした。その後、オレオレ詐欺の受け子。そこから出世して箱長へ。更に職に恵まれない人間や、社会から認められず生きて行くことに見通しが立たない人間を集め、殺人依頼を請け負う会社、「パーフェクト」を設立。

しかし、パーフェクトは名ばかりで、株式会社でも有限会社でもない。放置された部屋を塾や会社として使っていただけなのである。

省吾は資料室の中から大木のアルバムや卒業文集、更に大木が中学からサッカー部に所属していたことがわかった。因みに省吾もサッカー部だった。なぜか会社勤めをしていた時の写真もそこに隠されていた。

その会社の中で好きな女性社員でもいたのだろうか?

大木は結婚はどうだったのだろうか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル