top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【超大作挿絵漫画小説】皇子の妃に命令した「王の思惑」とは?

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、玉野のももたろう氏の小説『龍神伝説』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】「紫龍様は私がお嫌いになられたのです」姫が涙した理由とは

龍神伝説

「紫龍殿の事、姉上様のお耳に入れた方が良いかのう……」

「姉上様は、もう産み月ゆえ、御心配をおかけしてはなりません」

「そうであったな! 紗久弥も楽しみに毎日、姉上様の所へ行っておる」

広告の後にも続きます

「紗久弥はお腹の音を聞くのが余程嬉しいのね!」

清姫は笑った。

「コトコトと命の音を感じて幸せになるの! 私も御母上様のお腹に居た時、こんな感じだったのね!」

と紗久弥姫は満面の笑みを見せた。

「紗久弥が母上様のお腹にいた時にも、羅技が同じ様に母上様のお腹に耳を当てていたわ! 紗久弥が産まれるのを今か今か、とそれは楽しみにしていたの!」

と清姫は昔を懐かしんだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル