top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ディーン・フジオカ『ハガレン』撮影現場でボクシングの理由は?

シネマトゥデイ

ディーン・フジオカ

 俳優のディーン・フジオカが21日、丸の内ピカデリーで行われた映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』公開記念舞台あいさつに出席。これまでのイベントでも、ディーンをはじめとする男性キャストが撮影中、筋トレにハマっていたことは明かされてきたが、共演の蓮佛美沙子から「ディーンさんはとにかくボクシングのミット打ちをしていました」と裏話を披露されると、ディーンはその理由を明かし会場を沸かせていた。

 2021年に連載開始20周年を迎えた荒川弘の人気コミックを、2017年に実写映画化した『鋼の錬金術師』の続編であり、完結編2部作の前編となる本作。ディーンは“焔”の錬金術師であるロイ・マスタング大佐を、シリーズすべてにわたって演じている。イベントには山田涼介、本田翼、舘ひろし、本郷奏多、渡邊圭祐、曽利文彦監督も出席した。

 4月に行われた製作報告イベントの席上、ディーンは、山田の肩回りの筋肉がすごかったことを強調していたが、自身も撮影の合間には、かなりのトレーニングをしていたという。マスタング大佐から厚い信頼を置かれているリザ・ホークアイ中尉を演じた蓮佛は「ディーンさんとの撮影シーンがすごく多かったのですが、現場でディーンさんはとにかくボクシングのミット打ちをされていたんです」と振り返ると「もう撮影の合間にボクシングというよりは、ボクシングの合間に撮影しているみたいだった」と発言。

 山田も「初日はワンツーぐらいだったのですが、撮影が進むにつれて、蹴りが入ったりとコンボも増えてきて、本当にプロみたいでした」と蓮佛の発言に追随。ディーンは「いやいや、それは言い過ぎですよ。真剣に撮影に取り組んでいましたよ」と笑うと「芝居で汗をかいたりするシーンって、脂を足したり、霧吹きでかけたりして、演技の助けをしてもらうのですが、それを自家発電でやろうと思ったんです」と理由を説明する。続けてディーンは「僕が演じたマスタングは、指先から炎を出す役なので、そういう繊細なシーンのときは、やっていませんでしたよ」と笑いながら“ずっとボクシング”をやんわりと否定していた。

 マスタング大佐は完結編2部作で、熱い生き様を披露するが、ディーンは「曽利監督がみなさんの想像を超えるようなすごい3部作を作ったので楽しみにしてください」と6月24日に公開される『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』への期待をあおっていた。(磯部正和)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル