top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『アートアクアリウム美術館 GINZA』銀座三越にオープン 光と音で魅せる優雅な金魚アート

SPICE

『アートアクアリウム美術館 GINZA』


『アートアクアリウム美術館 GINZA』が、2022年5月3日(火・祝)に東京・銀座三越内にオープンした。

「アートアクアリウム」とは、独自にデザインしたアクアリウムに美しく舞う金魚を泳がせ、光・音・香りのオリジナル演出で魅せる金魚アートの展覧会。2007年に「スカイアクアリウム」としてスタート以降、金魚アートに特化した「アートアクアリウム」として進化をとげ、その後は期間限定の企画展などの開催や、2020年には東京・日本橋にて常設の美術館『アートアクアリウム美術館』をオープンするなど(リニューアル移転のため2021年9月末に閉館)、多くの方々に親しまれてきた。

今回新たにオープンした本施設は、「百華繚乱~進化するアート~」をテーマにエリアごとのコンセプトを設け、これまでに展示してきた人気作品はもちろん、多数の新作も公開される。ここではメディア内覧会の様子をレポートしよう。

色鮮やかな光が織りなすアートアクアリウム

広告の後にも続きます

会場となるのは銀座三越の8Fエリア。9Fからエスカレーターを下っていくと、『アートアクアリウム美術館 GINZA』の入口となる暖簾が見えてきた。それをくぐると照明が落ちたムードのあるエリアが広がる。まずは「静寂閑雅」のエリアにて「銀座万灯籠」がお出迎え。ここに飾られているのは独自に収集した歴史のある吊燈籠群だそうで、それぞれがほのかな灯りを生み出し、会場が神秘的な雰囲気を纏う。

銀座万灯籠


銀座万灯籠


続く「金魚の回廊」では、等間隔に並んだ円柱のアクアリウムが回廊の柱のように、それがずっと先まで続いていくようにも見える。時間経過によってさまざまな色に変化し、その光によって印象が異なるのも見ていて楽しい。

金魚の回廊


金魚の回廊


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル