top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

舞台『薔薇王の葬列』若月佑美・有馬爽人、和田琢磨ら出演の稽古場レポート! 演出・松崎史也も語る原作の魅力

SPICE

舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材



シェイクスピアが描くリチャード三世を主人公とする、菅野文の『薔薇王の葬列』(「月刊プリンセス」秋田書店)。狡猾で残忍な性格の王として悪名高いリチャード三世を、男女二つの性をもって生まれたことを秘密に抱える存在として美しくドラマティックに描き上げた作品として人気を博している作品である。

2022年1月にアニメ化、そして6月には舞台公演がスタートする。二つの性を持つ主人公という特性を活かし、リチャードを若月佑美と有馬爽人という男女二人が演じることでも大きな注目を集めているこの舞台の稽古場を取材した。

新キャスト ジャンヌダルク役に佃井皆美が決定!

ジャンヌダルク役 佃井皆美  (C)菅野文(秋田書店)/舞台「薔薇王の葬列」製作委員会


広告の後にも続きます

雰囲気は似ているのに性別が違うふたりのリチャード——稽古場取材

取材陣に公開されたシーンのひとつ目は、リチャードとヘンリー(和田琢磨)が出会うところだ。
座りながら語るヘンリーに距離を保ちながらも興味を示すリチャード。ビジュアル的にも美しいこのシーンをよりドラマティックに見せるようと、演出の松崎史也が近くで指示を出す。松崎は『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』シリーズの出演やMANKAI STAGE『A3!』の演出など、心の機微を描くのがとても巧妙な演出家だ。「こういう感じに」と自らが動いて演じてみることもあり、心情と身体の動きを一致させるのに多くコミュニケーションを取って、役者と感情の共有をしているのだろう。

舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材


ふたりのリチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材


稽古場は舞台セットが組まれておらず、床にテープで目印が引かれているのみ。何もない空間はとても広く感じられる。はじめにリチャードとして稽古に入ったのは若月。一通り終わったら交代して有馬のターンになる。体格や雰囲気はどことなく似ている二人ではあるが、いざ演技に入るとそこに多少の差異が出る。
ひとつの役を二人が担当するWキャストという制度は演劇ではよくあることではあるが、それを異なる性別の男女が担当するのはなかなか前例がない。この後に記載する会見でも語っていたが、この特性を存分に活かした「舞台」ならではの面白さをどう表現していくのか、これからの稽古に期待したい。

若月のリチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル