top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小山ゆうな、古川貴義のダブル演出で日本初上演する『Heisenberg(ハイゼンベルク)』 新ビジュアル&PVが解禁

SPICE

『Heisenberg(ハイゼンベルク)』



2022年7月29日(金)~8月14日(日)中野 ザ・ポケットにて、日本初上演される『Heisenberg(ハイゼンベルク)』。この度、新ビジュアルとプロモーション動画が公開となった。

『Heisenberg(ハイゼンベルク)』プロモーション動画

本作は、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』でトニー賞演劇作品賞を受賞した、脚本家サイモン・スティーヴンスによる2人芝居。『Heisenberg』というタイトルが示すように、ドイツの物理学者であるヴェルナー・カール・ハイゼンベルクの「不確定性原理」を下敷きにした本作は、「二つの離れた粒子の運動量や相関関係を正確に測り決定する事は出来ない」という意味を男女の関係性に置き換えて語る。難しい話に思えるが、本公演では、ウィットに富んだコメディタッチの会話の中から「互いの関係性が常に揺れ動き変化するさま」をじんわりと炙り出す。

日本初上演となる本公演のみどころは、演出家・キャストが2組に分かれ行うという点だ。2人の演出家は小山ゆうなと古川貴義。そして、肉屋の店主である70代の男性・アレックスを演じるのは、上條恒彦(小山ゆうな演出チーム)と、平田満(古川貴義演出チーム)。風変わりな40代の女性・ジョージーを演じるのは、りょう(小山ゆうな演出チーム)と、す小島聖(古川貴義演出チーム)。

広告の後にも続きます

(左から)りょう、小島聖、上條恒彦、平田満


2組の演出家・キャストがどんな風に「互いの関係性が常に揺れ動き変化するさま」を描くのか、期待が高まる。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル