top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

明石の泉市長がこども家庭庁に苦言「お金を使ってちゃんとするべき」

女性自身

明石の泉市長がこども家庭庁に苦言「お金を使ってちゃんとするべき」

「今の人口減少や少子化は、日本にとって深刻な問題です。ずっと国に対して『ええ加減ちゃんとせなアカンで』という思いですから、明石市長としても真剣に取り組んできました。マスクさんのようにお金を持っていらっしゃる方は、言い換えると“未来を見る能力の高い人”。そんな方が危機感を表明しているタイミングで、国民規模で議論の提起をしたかったんです」

 

こう語ったのは、明石市の泉房穂市長(58)だ。

 

さかのぼること5月7日、電気自動車企業「テスラ」のCEOであるイーロン・マスク氏(50)が《当たり前のことだけど、出生率が死亡率を上回るような変化がない限り、日本はいずれ存在しなくなるだろう。これは、世界にとって大きな損失になる》とTwitterに投稿。すると泉市長はツイートに反応し、こう綴った。

広告の後にも続きます

 

《“世界の損失”うんぬんの前に、私たち自身の問題として、日本が消滅しないよう、日本の“政治の転換”を図りたい》

 

子育てをサポートするために、こども医療費の無料化や第二子以降の保育料の完全無料化など、所得制限や自己負担なしの“5つの無料化”を行なっている明石市。泉市長は全国的にも類を見ない手腕で“こどもを核としたまちづくり”を進めているため、今回のツイートも大きな話題となった。

 

そこで本誌は泉市長に取材をすることに。すると、冒頭のようにツイートの真意を明かした。さらに「国全体で、こども支援を本気でしなきゃダメなんです」と強く訴え、こう続ける。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル