top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

未発売の“5000円樽熟成ビール”を試飲! コンビニで買えるヤバ美味ビール<無濾過>も

ガジェット通信

2021年に限定販売された“1本5000円のビール”のことをご存じでしょうか?

1本5000円のビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021」を飲んでみた (記者:ノジーマ)
https://getnews.jp/archives/3073717 [リンク]

この『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021』はシングルモルトウイスキー『山崎』と同じ樽を使って、『マスターズドリーム』を熟成させた究極のビールなのです。

実はこの時、撮影した筆者も少しだけ味見させてもらいましたが、ビールとはまた違う次元の新しい飲み物ともいうべき、甘美な香りと深い味わいでした。木樽の香りと麦芽のコクが絡みあいながらも、濁りのないうま味や苦みが舌の上で溶けあいます。

1年前のことながら書いていて思い出す美味しさなのですが、なんと2022年にもマスターズドリームが樽熟成ビールを出すとのこと! さっそく『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム』ブランドセミナーの会場に出向きました。

『マスターズドリーム』と『マスターズドリーム<無濾過>』、限定販売の『マスターズドリーム<白州原酒樽熟成>』を飲み比べ!

広告の後にも続きます

2022年に限定販売される“樽熟成”ビールは『マスターズドリーム<白州原酒樽熟成>』(第一弾)と『マスターズドリーム<山崎原酒樽熟成>』(第二弾)の2種。

今回試飲させていただいたのは、

『マスターズドリーム』
『マスターズドリーム <無濾過>』
『マスターズドリーム <白州原酒樽熟成>2022』

の3種類となります。

『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム』

まずは、『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム』から。この銘柄自体、クラフトビールなど“ワンランク上のビール”がたしなまれるようになった頃に、サントリーから販売されたハイグレードブランドです。
グラスに注がれたきめ細かな泡とともに口に含むと、その名に違わぬ、洗練された口当たり。ストレートな苦みや麦のうま味を、レイヤーとして綺麗に取り出した印象です。
スッと入って膨らみ、シンプルに引いていく“ビールの良い部分”は場面を選ばず、長く飲み続けられるようデザインされています。

『ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム <無濾過>』

2022年4月から販売されたこの<無濾過>のマスターズドリーム、比較しながら飲んでビックリでした。
苦みのファーストインパクトから、なだらかに感じる深いコク。そこから、グラデーションを描くように感じるほのかな甘みまでが見事! それらが消える際には、苦みがなだらかに余韻を残すまでワンセットなのです。無濾過ゆえの濃密さ、濃さ、入り組み方が実に見事です。

誤解してほしくないのは、『マスターズドリーム』の上位互換が『マスターズドリーム <無濾過>』なのではなく、横並びの別物であるという点。性質が違うので、楽しみ方がガラリと変わりますし、交互に飲んでもそのコントラストがとても楽しいです。
無濾過は、品質が不安定になりがちなのが課題だったそうですが、製品的に安定するような工法が確立して、今回の販売に至ったとのことでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル