top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

侵入してきたニワトリのフンに激怒した女性、飼い主の男性に尿をぶちまける

リアルライブ

 ご近所さんとは、円満な関係を保ちたいと思う人がほとんどだろう。しかし、海外では怒りにまかせて争いを辞さない人がいるようだ。

 アメリカ・フロリダ州の住宅で、隣人男性に尿をかけたとして、警察が同住宅に住む女を逮捕した。海外ニュースサイト『The Free Press』『the smoking gun』などが5月10日までに報じた。

 ​>>41歳男、13歳少年が家の玄関にフンを投げ激怒 車の下敷きになり少年は死亡<<​​​

 報道によると5月8日午後10時ごろ、同州ピネラス郡の住宅に住む57歳の女が、裏庭にニワトリがいるのを発見。女の敷地に侵入してきたニワトリは、お隣さんの男性(年齢不明、以下、隣人男性)が飼っているニワトリだ。ニワトリは放し飼い状態だったのか、日ごろから女の家に侵入してきていたのかは報じられていない。
 
 しばらくして、このニワトリがフンをしているのを見つけた女は激怒。トイレに向かい、尿がたっぷりと入ったバケツを手にして、隣人男性の元に向かったという。バケツ入りの尿は、あらかじめ用意してあったものとみられている。

 女は、外にいた隣人男性を見かけると、持っていた尿入りバケツを隣人男性にぶちまけたという。この時に男性の顔にバケツが当たってケガをしたそうだ。男性が病院に行ったかは不明だ。駆け付けた警察によると、男性の髪や体は濡れており、尿の臭いがしたそうだ。

 警察は男性に危害を加えたとして、暴行容疑で女を逮捕した。女は容疑を認めており、逮捕翌日には保釈金を払って釈放されている。なお詳細は不明だが、女の交際相手の59歳男も、警察の目の前で隣人男性を恐喝したとして逮捕されているという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「自らの排せつ物で仕返し。動物並みの思考」「ニワトリは声もうるさい。臭いし近所で飼われるとけっこう迷惑」「ニワトリを管理できていない隣人男性にも責任はある」「我慢の限界だったのだろう。女に同情してしまう」「ご近所同士、仲良くやれないものか」といった声が上がった。

 ニワトリを飼うのは個人の自由だが、周囲に迷惑がかからないよう配慮すべきだろう。そうした配慮がなかったにせよ、相手に嫌がらせをすれば、結局損害を被るのは自分自身なのかもしれない。

記事内の引用について
Florida Man Doused With Bucket Of Urine Over His Chickens ‘Deuceing’ On Neighbors Patio(The Free Press)より
https://www.tampafp.com/florida-man-doused-with-bucket-of-urine-over-his-chickens-deuceing-on-neighbors-patio/
Victim Doused With Urine Due To Pooping Chicken(the smoking gun)より
http://www.thesmokinggun.com/documents/bizarre/chicken-poop-battery-738519

TOPICS

ジャンル