top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】ドラマ「片恋グルメ日記2」本仮屋ユイカ&平岡祐太&藤田玲&兵頭巧海、オリジナルストーリーで描く“コロと八角さんの恋の行方”に注目

エンタメOVO

 出版社を舞台に、現実の恋に踏み込めない漫画編集部員・所まどかが、思いを寄せる男性営業部員・八角直哉に近づくべく、彼が食べたものと同じメニューを食べることで、妄想しながら追体験=“食事ストーキング”をするという、“新食感”のラブコメディーの続編、新月曜ドラマ「片恋グルメ日記2」が5月23日から、TOKYO MX(東京エリア:地上波9ch)で放送される。まどか、通称コロを演じる本仮屋ユイカ、八角役の平岡祐太、コロが担当する漫画家の曲家りんご役の藤田玲、コロと同じ編集部に勤める星勇気役の兵頭巧海に、それぞれの役の魅力や見どころなどを聞いた。

-シーズン1を振り返ってみて、皆さんにとって本作はどんな作品でしたか。

本仮屋 消費カロリーが多い作品です。ハイテンションなキャラクターも多いですし、そうではないキャラクターも負荷がかかることが多いので、その分、達成感がありますし、充実した現場だったと思います。とても緻密で細やかな編集をされていたので、現場で感じたスピード感や面白さがさらにアップした、まるで漫画を読んでいるかのようなドラマに仕上がっていたと感動しました。

平岡 自分でも毎週見るのが楽しみなドラマでした。ほっこりできるし、笑いの要素もあるし、食べたくなるご飯も出てくる。毎週、楽しみに見ました。

兵頭 僕も、普段は自分の芝居について考えて見てしまうのですが、このドラマはそれを考えずに、純粋に楽しめました。本仮屋さんがおっしゃったように、漫画を見ているような感覚で楽しめる作品だと思います。

藤田 皆さんと同じく、僕も毎週楽しみにしていました。りんご先生は、編集部から出ることがほとんどなかったので、みんながロケでどんなことをしてきたのかをドラマで見て楽しんでいました。最近は、攻めたドラマも多いですが、この作品はほっこり幸せな気持ちになれる、癒やしになる作品だと思います。

-コロの妄想シーンもかなり楽しめました。シーズン1、2を通して、特に印象に残っているシーンはありますか。

広告の後にも続きます

兵頭 コロさんと星が隅田川の見える場所で、コーヒーを飲みながら話すというシーンがあるのですが、周りにカップルがたくさんいるという設定でした。いざ、現場に行ってみたら、すごく狭い場所に10組ぐらいのカップルがいて…。想像よりもカップルが多かったんです(笑)。きっと映像で見たらおかしくないんでしょうが、現場では異様な光景だったので印象的でした(笑)。

本仮屋 私はそのカップルに囲まれた場所で、カメラ目線で「これ、奇跡じゃない!?」と言いながらミュージカル風の演技をしているんですよ(笑)。ぜひそのシーンは注目して見てもらいたいです(笑)。私は、(シーズン2の)6話の妄想シーンの八角さんのビジュアルが一番好きです。

-それはどんなところがポイントが高かったんですか。

本仮屋 清潔感があり、かつ色っぽく、しぐさは王子様だから。すてきでした。

平岡 そのシーンは、完全に韓国ドラマを意識してやらせていただきました。

本仮屋 最高でした。平岡さんは、妄想シーンで、こんな視点からものを作るんだと驚くようなアイデアをたくさん出してくださったので、刺激になりましたし、とても勉強になりました。

-どんなアイデアだったのですか。

平岡 韓国ドラマ風の妄想シーンで、台本では「手を引っ張って、転びそうになったコロを抱きしめる」とあったんですが、韓国ドラマだったら、そこは抱きしめずに、そのまま手を握って走り去っていくんじゃないかなと思って、それを提案しました。映画『卒業』理論です(笑)。

-個性豊かなキャラクターがたくさん登場する本作ですが、それぞれ、自身の演じるキャラクターのどんなところが好きですか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル