top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エヴァ、ハルヒ、まどマギ、そして『バブル』へ…ファンを魅了する“セカイ系”アニメの系譜

MOVIE WALKER PRESS

エヴァ、ハルヒ、まどマギ、そして『バブル』へ…ファンを魅了する“セカイ系”アニメの系譜

日本の最強クリエイターが集結したオリジナルアニメ『バブル』(公開中)。テレビアニメ「進撃の巨人」や「甲鉄城のカバネリ」を手掛けた荒木哲郎監督とWIT STUDIOが制作を担い、「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄が脚本、「DEATH NOTE」や「プラチナエンド」の小畑健がキャラクターデザイン原案、前述したWIT STUDIO作品や『プロメア』(19)の澤野弘之が音楽を務める大型作品だ。

本作で描かれるのは、生まれつき特殊な聴覚を持つがゆえに他人とのコミュニケーションをあまり得意としない少年ヒビキ(声:志尊淳)と謎の少女、ウタ(声:りりあ。)が出会ったことにより、世界を揺るがす出来事へと発展していく物語。このストーリー構成はまさに、“セカイ系”と呼ばれるジャンルに通ずるのだ。今回はそんな“セカイ系”にスポットを当て、5つのアニメ作品を紹介していく。

※「セカイ系」という言葉の定義は曖昧で正解はありません

■セカイ系の始祖「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ

2021年に映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』にて堂々完結した「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ。セカイ系ジャンルを一般化させたのが、本作だと言われている。一見すると、「エヴァンゲリオン」は主人公、碇シンジ(声:緒方恵美)が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎の敵、使徒と戦うロボットアニメだ。しかし、物語の核となるのはシンジの自意識や葛藤だった。これこそが当初のセカイ系の定義だったそうだ。評論家、前島賢の書籍「セカイ系とは何か」には、「『君と僕との関係が具体的な中間項を抜きにして世界の運命と直結云々』というのは後づけの定義であり、元は『エヴァっぽい(=一人語りの激しい)作品』を指すための造語」との記載がある。

「エヴァンゲリオン」で生まれたセカイ系の定義が徐々に形を変え、主人公と主人公を取り巻く人間関係で完結される“狭い世界”の出来事が、国際規模や地球規模、宇宙規模などの“大きな世界”の出来事に発展していくという定義になった。セカイ系に興味のある方は、セカイ系の始祖とも言える「エヴァンゲリオン」シリーズから本ジャンルに触れてみてはいかがだろうか。

■“鬱アニメ”としても定評のあるセカイ系「ぼくらの」

夏休みに自然学校に参加した15人の少年少女たちが巨大ロボット、ジアースを操縦し、地球を滅ぼそうとする謎の敵と戦うSFロボットアニメ「ぼくらの」。自然学校に参加した15人というミニマムな日常が一変し、地球規模の出来事に発展していくというストーリーで、数話ごとに一人の子どもにスポットを当てた構成となっている。そして、子どもたち一人一人はなにかしらの事情を抱えており、敵と戦うなかでキャラクターの内面描写が深く掘り下げられていくのだ。

本作はセカイ系アニメという側面だけでなく、“鬱アニメ”とも評されている。そんな子どもたちの抱える事情が“激重”であること、謎の敵の正体が衝撃的であることなどが大きく関係している。陰鬱とした雰囲気や重い作品が好きな方には「ぼくらの」をオススメしたい。

■初心者向けの日常セカイ系「涼宮ハルヒの憂鬱」

平凡な高校生活を望む平凡な男子高校生キョン(声:杉田智和)と、入学早々「ただの人間には興味ありません」というトンデモ自己紹介をした涼宮ハルヒ(声:平野綾)を取り巻く、非日常的な日常を描いた学園SFアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」。ヒロインのハルヒは、自身が無意識に望んだことが世界に反映されてしまうという力を持ったキャラクターだ。例えば、「夏休みに心残りを持ってしまったハルヒは、永遠に8月を繰り返してしまう」という、ファンのなかでは言わずと知れた伝説のストーリーがある(「エンドレスエイト」回)。

前述した2作品と違い、大きな敵の出現や世界規模の悲劇性は描かれない。ハルヒは世界そのものを改変してしまうが、それが周囲に悪影響を及ぼすことも特段ない。ユーモアを基調とした学園モノのため、陰鬱としたストーリーよりコミカルなストーリーが好きな方や、セカイ系初心者には見やすい内容となっている。

■少女の願いが生みだすセカイ系「魔法少女まどか☆マギカ」

映画『バブル』の脚本を務めた虚淵玄の知名度を上げたアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」。なんでも1つ願いを叶える代償として、敵である“魔女”と戦う“魔法少女”となった中学生の少女たちの過酷な運命を描いたアニメだ。主人公の鹿目まどか(声:悠木碧)は、謎の生き物、キュゥべえ(声:加藤英美里)から魔法少女の契約を迫られながら、魔法少女になった友人の側で、様々な魔法少女たちと関わっていく。そして、強大な魔女“ワルプルギスの夜”を前に決断を迫られるまどかと、その決断を食い止めるために暗躍する同級生の魔法少女、暁美ほむら(声:斎藤千和)を含めた少女たちの関係が物語の肝となっている。

魔女との戦いで命を落とす者や、魔法少女のなれの果てを描くなど、従来の魔法少女アニメとは一線を画す作品となった本作。虚淵の描く予測できない展開や、かわいいだけでは収まりきらない革新的なストーリーを堪能してほしい。本作の鑑賞後に『バブル』を観ると、いい意味で裏切られるかもしれない。

■多くのセカイ系作品を届ける、新海誠監督

『君の名は。』(16)、『天気の子』(19)など国民的な大ヒットアニメ映画を世に送りだしている新海誠監督。実は新海監督作品の多くは、しばしセカイ系と定義されている。デビュー作の『ほしのこえ』(02)、2作目となる『雲のむこう、約束の場所』(04)は主人公の少年とヒロインの少女の小さな日常が、世界規模の大きな出来事に発展していく王道のセカイ系作品だ。一方、『君の名は。』は隕石で消滅してしまうヒロインの住む田舎町を平凡な主人公と共に救う話、『天気の子』は雨で浸水する東京を助ける依り代の少女と平凡な主人公が事象に向き合う話、と小さい規模のなかで物語が展開していく。『バブル』はどちらかと言えば、後者の内容に近いだろう。


新海監督自身は『天気の子』のインタビューで「『セカイ系を作っている』という意識は、昔から特になかったんです。いま一番気になっているテーマや、みんなが共有していると思うような気持ちを描いたことが、結果的にそう言われている」と明かしているが、筆者的には紛れもないセカイ系作品であると感じる。様々なカタチのセカイ系を楽しみたい方は、新海監督の作品を順に追ってみてほしい。

■令和に生まれた新しいセカイ系『バブル』を体感しよう

すでに『バブル』を鑑賞し、そのストーリーに魅了された方は今回ピックアップした作品にも魅了されるはず。また、今回ピックアップした作品が好きな方はぜひ『バブル』を観ていただきたい。“セカイ系”系譜でありながら「パルクール・アクション」という新しい映像体験を味わうことができるだろう。日本アニメのトップクリエイターたちが令和に生みだした、新しい“セカイ系”のカタチをぜひ体感してほしい。

文/阿部裕華

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル