top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

セント レジス ホテル 大阪 52,800円の最高級バーガーがテイクアウトで登場

GourmetBiz

セント レジス ホテル 大阪では、5月28日の国際ハンバーガーデーに合わせ、2022年5月28日(土)から6月30日(木)まで、鉄板焼「和城」の「和城ゴールデンバーガー」、フレンチビストロ「ル ドール」の「ル ドールビーフバーガー」のテイクアウト販売を開始します。

セント レジス ホテル 大阪12階にある鉄板焼「和城」では、年間72頭のみ出荷される希少なブランド牛「石垣島きたうち牧場プレミアムビーフ」をメインに、旬の野菜や海鮮を使った繊細で美しい先付や前菜、〆の食事や茶菓子まで、細部にこだわり創り上げる一皿一皿を通じて、食材そのものの美味や奥深さを堪能できる、特別な美食体験を提供しています。

今回、期間限定、テイクアウトで販売する「和城ゴールデンバーガー」は、鉄板焼「和城」での美食体験をそのまま詰め込んだかのような、まさに“ゴールデン”なバーガー。安土桃山時代に発展した茶の湯文化と茶室建築をコンセプトに「金の茶室」「銀の茶室」の2室から成る鉄板焼「和城」の店内。ベーカリーシェフ特製の、金箔と銀箔を施した「和城ゴールデンバーガー」のバンズは、鉄板焼「和城」の豪華絢爛な空間を表現しています。

煌びやかなバンズで挟むのは、贅沢にも3種の「石垣島きたうち牧場プレミアムビーフ」。和三盆と甘口の九州醤油で味付けた出汁にくぐらせた、上品な甘みにとろけるような肩ロースのすき焼き、すっきりとした脂の滑らかさと赤身肉の深い味わいを感じるサーロインのグリエ、そしてプレミアムビーフの強い旨味が一口ごとに溢れ出すもも肉100%のパテと、希少な和牛の圧倒的な旨味を心行くまで味わえるようになっています。

プレミアムビーフに加え、「和城ゴールデンバーガー」にはお肉を美味しく味わうためのシェフのこだわりが詰まっています。フランス ルージエジャポン社のフォアグラのポワレや、トリュフの香り広がる焼きリンゴ、甘みを最大限に引き出した淡路島産タマネギなどが、プレミアムビーフとの絶妙なバランスと味の一体感を生み出します。

広告の後にも続きます

サイドには北海道産メークインを串切りにして揚げ、フランス産サマートリュフの塩を振ったフライドポテトを用意。期間限定「和城ゴールデンバーガー」で、鉄板焼「和城」の美食の世界をぜひ。

フレンチビストロ「ル ドール」では、国産牛100%の旨みを堪能できる、トリュフ薫る「ル ドールビーフバーガー」を販売します。バターをたっぷり使用した自家製ブリオッシュのバンズに、180gの国産牛100%のパテ、軽く炙ったクリーミーなフランス産のブリーチーズなどを挟んだボリューム満点のバーガーは、赤ワインベースのトリュフソースが芳醇な香りと風味を醸し、濃厚な肉の旨味をより深く楽しむことができるようになっています。

「ル ドールビーフバーガー」はイートインも可能。パリの風薫る店内で、シャンパーニュやワインとともに、優雅なひと時を。

「和城ゴールデンバーガー」&「ル ドールビーフバーガー」販売概要
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル