top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

美人画にとどまらない清方の美学が集結! 幻の三部作関西初公開!「没後50年 鏑木清方展」

cinefil

鏑木清方 《泉》 1922(大正11)年 公益財団法人 二階堂美術館、通期展示

雄大な自然の中で水を汲む女性の後ろ姿が描かれ、生活感だけでなく、その人の人生までも想像させられます。
「自分の感興は形よりも季節を人間に感じて、季節と人間との間に、自然と融合されて来た何かの美しい感覚によって大抵の場合は絵を作っている」
「春への連想」 1936年 『鏑木清方文集四』

鏑木清方 《朝涼》
 1925(大正14)年 鎌倉市鏑木清方記念美術館、6月21日~7月10日展示

「かおりの高い絵を作りたい、作りたいより自ら生まれるやうになりたい」
「かをり」 1934年 『鏑木清方文集八』 

鏑木清方 《築地明石町》 1927(昭和2)年 東京国立近代美術館、通期展示

広告の後にも続きます

《築地明石町》は、清方が描く美人画の中でも最高峰と称賛されています。
1927年の帝展で帝国美術院賞を受賞しました。
描かれているのは、外国人居留地だった明石町に佇む薄緑色の単衣に黒の羽織の女性。
優美で品格ある凛とした中に、どこか儚げな感じがします。透明感のある美しい肌、髪は夜会巻きにしています。
清方にとって思い出深い明治30年代半ばの明石町の光景と物憂げな表情で振り返る女性に、明治回顧の心情が託されているようです。

鏑木清方 《新富町》 1930(昭和5)年 東京国立近代美術館、通期展示

1878年(明治11)に新築された新富座の前を、蛇の目傘をさして急いで通り過ぎる新富芸者が描かれています。
有数の花街であった新富町ですが、清方が通っていた小学校があり、自分にとって思い出深い場所を描いたようです。

鏑木清方 《浜町河岸》 1930(昭和5)年 東京国立近代美術館、通期展示

《浜町河岸》は、浜町に日本舞踊の二代目藤間勘右衛門の家があり、浜町藤間流の日本舞踊の稽古から帰る町娘が描かれた作品。
帰る道すがら、何気なく踊りの仕草を復習する様子が描かれ、日常の何気ない庶民の生活のワンシーンが切り取られています。

鏑木清方 《三遊亭円朝像》 重要文化財

1930(昭和5)年 東京国立近代美術館、6月28日~7月10日展示
清方は戯作者でもあり、毎日新聞の前身にあたる東京日日新聞の創刊に関わった父・條野採菊の影響で幼いころから文学、芝居、歌舞伎、落語に親しみ、挿絵画家として、小説や物語を描くようになりました。
本作は父の仕事の関係で幼少のころから親しんだ明治の大噺家・三遊亭円朝を記憶と実物の小物を頼りにえがいた肖像画です。

鏑木清方 《鰯》 1937(昭和12)年頃 東京国立近代美術館、通期展示

鰯(いわし)を売り歩く少年を若妻が呼び止める夕暮れ時。
すだれ越しに家の奥の台所まで見通せます。
季節感や町のざわめき、明治の人々の日常生活の空気感や話し声までもが伝わってくるようです。
「昔親しんだ日常生活から得た云はば風物詩を造型化したもので、この制作態度はよくも悪くも私の本質となった。」(『続こしかたの記』)と、清方は綴っています。
まさに清方の真骨頂といえる作品です。

鏑木清方 《朝夕安居(朝)》
1948(昭和23)年  鎌倉市鏑木清方記念美術館、5月27日~6月9日展示

清方は大正時代後半に「卓上芸術」(清方の造語)なるものを確立しました。
「卓上芸術」とは、展覧会で見せる会場芸術、床の間で愛でる「床の間芸術」とは別の、卓上に広げ、手元で間近に鑑賞する小画面の作品を指しました。
画巻、画帖、色紙などに、細部まで表現を凝らし、筆の赴くまま即興的な筆技で描いています。

女性の美しさを繊細に描き出した清方は、それだけにとどまらず、風俗画として庶民の暮らしぶりを生き生きと描き出しました。
生涯をかけ、情熱を注いで描いた清方の美学が集結した「没後50年 鏑木清方展」を是非、新緑の風薫る京都でご堪能ください。

展覧会概要

展覧会名「没後50年 鏑木清方展」 
会 場 京都国立近代美術館(岡崎公園内)
会 期 2022年5月27日(金)~7月10日(日)
開館時間 9時30分~18時(金曜は20時 まで)
※入館は閉館の30分前まで。
休 館 日 月曜日
入 場 料 一 般|1,800円(1,600円)
大学生|1,100円(900円)
高校生|600円(400円)
※いずれも税込 ※( )内は前売および20名以上の団体(団体鑑賞の場合は事前に美術館にお問い合せください)
※中学生以下、心身に障がいのある方と付添者1名、母子家庭・
父子家庭の世帯員の方無料(入館の際に証明できるものをご提示)
※本料金でコレクション展もご覧いただけます。
主 催 京都国立近代美術館、毎日新聞社、NHK京都放送局、NHKエンタープライズ近畿
協 賛 DNP大日本印刷
お問合わせ 075-761-4111(代表)
公式サイト https://kiyokata2022.jp/
公式 Twitter  @kiyokata_2022

シネフィルチケットプレゼント

下記の必要事項、をご記入の上、「没後50年 鏑木清方展」@京都シネフィルチケットプレゼント係宛てに、メールでご応募ください。
抽選の上3組6名様に、招待券をお送り致します。この招待券は、非売品です。
転売業者などに転売されませんようによろしくお願い致します。
☆応募先メールアドレス miramiru.next@gmail.com
★応募締め切りは2022年6月13日 月曜日 24:00記載内容
☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・
1、氏名 
2、年齢
3、当選プレゼント送り先住所(応募者の郵便番号、電話番号、建物名、部屋番号も明記)
4、ご連絡先メールアドレス
5、記事を読んでみたい映画監督、俳優名、アーティスト名
6、読んでみたい執筆者
7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、
ご記入下さい(複数回答可)
8、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。
9、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。「
☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・。☆.・

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル