top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界中から注目を集める画家フェルナンド・ボテロ 生誕90年記念展 開催! 新作《モナ・リザの横顔》世界にさきがけ日本で初公開! 「ボテロ展 ふくよかな魔法」

cinefil

まるでおとぎ話の絵本に出てくるような鮮やかな色彩と、ふくよかで丸みを帯びたフォルムが印象的な魅惑あふれるボテロの世界。
人物や動物、果物や楽器に至るまで、あらゆる対象がボリュームのある形態で描かれるボテロ独自の不思議な絵画は、単にユーモアや癒しだけではなく、官能、皮肉や風刺、悲哀など様々な意味合いが込められ、観る人の心に強く響きます。
ボテロの手にかかれば、人物や動物はふくよかで愛らしさを増し、花や果物も大きく膨らんで熟し、かつての名画も別ものに変えてしまうのです。
それはまさにボテロの「魔法」ともいえるもので、1950年代後半から欧米で高く評価され、世界的人気を誇っています。
そのきっかけは、1963年、ニューヨークのメトロポリタン美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》が展覧された時、モダンアートの殿堂、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のエントランス・ホールにボテロの《12歳のモナ・リザ》(※本展には出展されません)が展示されたことに始まります。
この作品が脚光を浴び、ボテロは、今日では現代を代表する美術家のひとりとして、世界中から注目を集めているのです。

このたび、南米コロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ(1932~)の国内では26年ぶりとなる大規模な絵画展「ボテロ展 ふくよかな魔法」が開催されることになりました。
名古屋市美術館では、2022年7月16日(土)から9月25日(日)まで開催されます。

ボテロ生誕90年となる本展は、ボテロ自らの監修のもと、初期から近年までの油彩ならびに水彩・素描作品など全70点で構成される貴重な機会となります。
ボテロはなぜふくよかな絵を描き続けるのでしょう?
90 歳を迎えた今も精力的に活動を続ける彼の画業を辿ります。
ボテロの波乱万丈の人生を描いた映画も絶賛公開中です。
シネフィルの記事も是非、ご覧ください。

世界で最も有名な存命の芸術家、フェルナンド・ボテロとは?多幸感あふれるその創作の秘密ー❝ボテリズム❞ 誕生の瞬間を語るインタビュー映像解禁!『フェルナンド・ボテロ 豊満な人生』 – シネフィル – 映画とカルチャーWebマガジン

それではシネフィルでも展覧会の構成に沿っていくつかの作品を紹介致します。

第1章 初期作品

広告の後にも続きます

フェルナンド・ボテロ《泣く女》 1949年 水彩/紙 56 x 43 cm

本作は17歳の頃描いた作品で、ボテロの他の明るい色彩の作品とはイメージが異なりますが、ボテロのボリュームへの関心は、既に伺えます。
その後、ヨーロッパ、特にイタリアで学んだ経験は、彼のボリューム感、官能性、デフォメ表現に対する基盤を確固たるものにしました。
ボテロは次のように述べています。
「ボリュームを表現することで、芸術的な美を表現することを目指しているのです」
「私の作風は、私の作品の代名詞であるだけでなく、私が後世に残す遺産でもあるのです」

第2章 静物

フェルナンド・ボテロ《楽器》 1998年 油彩/カンヴァス 133 x 172 cm

ふくよかなボテロの作品は、1950年代中頃、楽器(マンドリン)をアンバランスに描いたことから始まったとされています。
本作のギターのフォルムは丸みを帯びて膨らんでいるのですが、それに対し開口部はとても小さく描かれています。
「ボリュームを通して、生命の高揚感が生み出されるが、デフォルメにより芸術には不均衡が生じる。それは再構築されなければならないが、一貫した様式によってのみ、デフォルメは自然となる」と、ボテロは言っています。

フェルナンド・ボテロ《赤の花》(3点組) 2006年 油彩/カンヴァス 199 x 161 cm

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル