top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新しい学校のリーダーズ [ライブレポート]世界を唸らせる圧巻のパフォーマンスで生み出した熱狂「最高のステージになりました!」

Pop’n’Roll

新しい学校のリーダーズ [ライブレポート]世界を唸らせる圧巻のパフォーマンスで生み出した熱狂「最高のステージになりました!」

新しい学校のリーダーズが、本日5月20日(金)に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にてワンマンライブ<むむむ!?無名卒業ライブ 〜AG! FRIDAY AFTER SCHOOL〜>を開催した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

昨年1月に『ATARASHII GAKKO!』名義で、アジア圏出身のアーティストを次々にアメリカの音楽シーンに送り込んでいるメディアプラットフォーム/レーベル『88rising』より世界デビューした新しい学校のリーダーズ。TikTokフォロワーは380万人を誇り、4月にリリースしたNIKE塾とのタイアップ楽曲「WOO! GO!」は世界中の人々から反響を呼んでいる彼女たちが、今回過去最大規模のワンマンライブに挑戦。チケットはソールドアウトとなった。

毎回恒例のチャイムからライブがスタートし、1曲目の「透明ボーイ」から迫力あるダンスを見せつけた。続いて「最終人類」が始まり、昨年2万5000人規模の会場で行なわれた海外フェスで見せたパフォーマンスで日本のファンも虜にした。奇抜で中毒性のある映像が流れ始め、EP『SNACKTIME』のキラーチューン「CANDY」で観客は早くも大興奮。「試験前夜」では彼女たちのワンマン初めてのバックダンサーたちが登場し、ステージの迫力が一気に増した。

「オトナブルー」からはカラフルな装飾を身に纏ったメンバーが登場し、テレビの中で歌っているような演出が。今までにない彼女たちのステージに会場の観客も惹き込まれるように見入った。「Happy Hormones」ではいつものキレのあるダンスから一変し可愛らしい一面が見え、観客もメンバーと一緒に手を横に振ったりピースしたりして盛り上がった。スローモーションな動きから始まったイタリアンディスコチューン「Fantastico」では、途中リンボーダンスなどの振り付けもあって、コミカルな演出も十分に伝わる内容となった。

突如夜の街の工事現場で警備員を装ったモーリー・ロバートソンが現れ、ロボットダンスを披露。 “We are Bestie Girls!”とメンバーが呼びかけ「Intergalactic」がスタートし、メンバーのパフォーマンスに会場中が釘付けに。最後に“みなさん、夜はまだこれからだよー!”とモーリー・ロバートソンがシャウトし伝説のコラボステージとなった。

「Pineapple Kryptonite REMIX」では息を呑むダンスを披露し、続く「Pineapple Kryptonite」ではアクロバティックなパフォーマンスで会場のボルテージはマックスに。

「WOO! GO!」ではMIZYUからの振り付け講座もあって観客全員が一緒に振り付けを踊り、会場の一体感も高まった。「Free Your Mind」ではスペイン語の歌詞も届けて、配信で繋がっている世界中の人々にもステージの熱量を存分に伝えた。最後の挨拶にはメンバー全員が抱き合い、仲のよさが溢れ出してファンの目には涙も。

熱狂と興奮の渦を巻き起こし、大盛況のうちに幕を閉じた今回のライブはレベルアップした彼女たちのパフォーマンスが十分に感じられるステージとなった。オフィシャル配信サイトでは、今回の公演のアーカイブ映像が5月21日(土)12:00~5月29日(日)23:59まで有料配信される。こちらには、ライブ直後のメンバーからのコメントが収録されている。

広告の後にも続きます

メンバーコメント
今までで1番最高のライブができました! 

過去のライブは4人で作り上げてきたけど、今回はいろんな人に関わっていただき、大人数で作ってきたからこそ安心感があってお客さんも含め愛情のあるライブだと感じました。

言葉がなかったとしても遠くまでお客さんの顔が見れて、初めから終わりまで会場全員と会話ができた気がして、本当に嬉しいです。

みんな私たちを思ってくれるのが日々SNSとかでも伝わるけど、やっぱり身を持って目線などで感じてみんなとステージ上で愛を確かめる時間ができて素の自分たちでいられました。

何よりも楽しむことを最後の最後に再確認して、最高のステージになりました! 次はもっと大きな舞台を目指してみんなで愛とハッピーを共有したいです!

TOPICS

ジャンル