top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

男性ブランコの片方ダブルピースの意味とは?『クセすご』で披露したネタが物議

Quick Timez

画像:時事通信フォト

19日に放送された「千鳥のクセがスゴいネタGP」(フジテレビ系列)。

同番組でネタを披露したお笑いコンビ・男性ブランコのとあるネタをめぐり、物議が醸されています。

男性ブランコ、『クセすご』で披露したネタが物議「差別表現につながる」

19日に放送された「千鳥のクセがスゴいネタGP」(フジテレビ系列)に、お笑いコンビ・男性ブランコの2人が登場。

広告の後にも続きます

番組の趣旨通り、”クセがすごい”とされるネタを披露しました。

この日、2人が披露したのは、世の中の流行を生み出すという「流行師」という設定のコント。

ボケの平井まさあきさんが女子高生役となり、次に来る流行を発表、ツッコミの浦井のりひろさんが執事役となって、世の中に伝えるという構図となっていました。

平井さんが次に来るという流行色を「うすみどり」と発表すると、浦井さんがどこかに電話をする仕草をし、流行色を伝えていきました。

この流れの中、浦井さんは「今年流行る写真に写る時のポーズ」をめぐり「ピースに代わる何かを」教えてほしいと頼むと、平井さんは「片手ダブルピース」と言い放ち、片手で”4”を示すように親指のみを折った状態のポーズを披露したのです。

実はこの「4」を示すジェスチャーですが、諸説様々ありますが、部落出身者であることを差別的に指し示す行為として認知されているそう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル