top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【絵本】重なり合った私の気持ちを 湖の中に落としてみる

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、碧乃慈雨氏の書籍『重なりの石』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】不思議な力が宿るという「重なりの石」…心を旅する絵本

そこは、どうしてもあいたい、

あの人(ひと)に逢(あ)うことができる場所(ばしょ)

そこは、心(こころ)がどうしてもざわめいてしまうときも

広告の後にも続きます

穏(おだ)やかな気持(きも)ちに戻(もど)れる場所(ばしょ)

そこは、いつも私(わたし)を守(まも)ってくれる安全(あんぜん)な場所(ばしょ)

 

ボートは静(しず)かに水(みず)の中(なか)を進(すす)み出(で)る

 

「重(かさ)なりの石(いし)」と重(かさ)なり合(あ)った私(わたし)の気持(きも)ちを

湖(みずうみ)の中(なか)にゆっくりと落(お)としてみる

その音(おと)に耳(みみ)を澄(す)ませば

 
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル