top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

炎上する警察署 殺し屋×詐欺師×サイコパス×新米警官のサバイバル・バトル 「炎のデス・ポリス」予告

映画スクエア

 7月15日より劇場公開される、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」のジョー・カーナハン監督最新作「炎のデス・ポリス」の予告が公開された。

 ワーグナーの「ワルキューレの騎行」にのせて、プロの殺し屋のボブ、ワケあり詐欺師のテディ、イカれたサイコパスのアンソニー、そして正義感あふれる新米警官のヴァレリーが警察署に集合。「俺の目的は留置場に入ること、おまえに会うために」とテディに向けてボブが意味深な言葉を放ち、アンソニーは「この俺と殺し合うか」と挑発的な笑みを投げかける。そして「早く助けに来てくれ、死ぬぞ!!!」というセリフを合図に、熾烈なサバイバル・バトルがスタート。無数の銃弾が飛び交い、あっという間に留置場は炎に包まれる。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、にらみを利かせたジェラルド・バトラーら3人の”ゲス野郎と新米女性警官の4人が大きく配置され、「どいつもこいつもゲス野郎」のコピーが添えられている。

 「炎のデス・ポリス」は、砂漠の小さな警察署が戦場と化すバイオレンス・アクション。ある夜、砂漠地帯にたたずむ警察署に、詐欺師テディが連行されてくる。マフィアのボスに命を狙われて避難場所を求めるテディはわざと逮捕されたのだった。しかし、マフィアに雇われたスゴ腕の殺し屋ボブが同じ留置所に。新人警官ヴァレリーの活躍によってボブのテディ殺害は阻止されるが、マフィアが放った新たな刺客であるサイコパスのアンソニーが現れ、署員を皆殺しにする。孤立無援の危機に陥ったヴァレリーと裏社会に生きる3人の男たちは、生き残りをかけた壮絶な殺し合いを繰り広げる。

【作品情報】
炎のデス・ポリス
2022年7月15日(金)公開
配給:キノフィルムズ
©2021 CS Movie II LLC. All Rights Reserve

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル