top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

南国マレーシアでのココナッツ食品事情【マレーシア】

ワウネタ海外生活


マレーシアではココナッツが手軽にスーパーマーケットで手に入る他、パンなどの食品にもよく使われています。

スーパーマーケットの果物売り場では、ココナッツが丸ごと売られている他、ココナッツの容器にジュースが入って売られていることもあります。
このココナッツの容器は、日本でいうとペットボトルの感覚なのか、コンドミニアムのゴミ箱や道端に捨ててあるのを見かけることがあります。
こんな光景は日本ではなかなか見かけることはないので、日常でココナッツを見かけると、南国にいる実感がわきます。

また、日本のように菓子パンを売っている専門店もありますが、その中にココナッツ入りのものを見かけることがあります。先日食べてみましたが、甘すぎず繊維がしゃきしゃきしていて、自然なおいしさでした。

また、マレーシア料理の定番のナシレマという料理は、ココナッツライスが添えられています。マレーシアの人にとってココナッツは欠かせない存在と言えそうですが、食べすぎるとハイカロリーになるそうなので注意が必要です。
日本ではココナッツオイルくらいしか触れる機会がなかったですが、こちらでのココナッツの食品を楽しもうと思います。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル