top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「オモロイのになんで売れへんねん」陣内智則が首をかしげた大物芸人のブレイク秘話

アサ芸プラス

 お笑いコンビ「かまいたち」が、5月12日放送の「かまいたちの知らんけど」(MBSテレビ)に出演。濱家隆一が、自身の予想を覆して売れた後輩のお笑い芸人について語った。

 この日は、かまいたちの2人が先輩芸人の陣内智則をゲストに迎えてトークを展開。山内健司が地元の友人から「俺の息子の友達が芸人になろうと思ってる」と言われ、「絶対やめとけ」と答えたと発言。「自分が出ているから言うのもアレなんですけど、(自身が売れたのは)超ラッキーやからとは、めっちゃ言うてる」と続けた。

 それに濱家は「何かひとつでも違ってたら(今ここに)いてない」。陣内も「もう1回やり直しても、売れる自信はない」と、それぞれ売れるのは運次第と同意した。

 一方で陣内は、こうも言う。

「でも、面白いやつは絶対売れるやん。お笑いって。俺、ブラックマヨネーズと一緒にやってて『おもろいのにな』ってずっと思ってた。でも大阪時代、全然人気なかった。見た目が吉田がまず怖くて、ブツブツで。小杉がチャラい感じやったから全然ウケなかった。でも『M-1グランプリ』でバーンと売れた」

広告の後にも続きます

 さらに陣内は、野性爆弾のくっきーについても、

「こんな天才、なんで売れへんねんと思ってた。一回、くーちゃんにルミネの合間に『ランチ行きましょう』って誘われて『もう僕、吉本辞めようと思ってるんです』って相談された。『絵とかをやろうと思うんです』『そうか。そういう手もあるよな』って言ってたけど、結果、売れた。おもろいやつは売れるから、そこはめっちゃピュアよね」

 お笑いライターが言う。

「ブラマヨなどと同じような、『面白いけどさすがに…』という例として、濱家はアインシュタインの稲田直樹のことを挙げていました。稲田自身も実際、あるテレビ番組で所属する吉本興業の社員から『見た目ではテレビNG』と言われたことがあると明かしていますからね。芸人が売れるために面白いのは当然のこと。やはり運や粘り強さも必要ということでしょう」

 芸人としてレギュラー番組を持つ立場になるのは、奇跡に近いことなのかもしれない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル