top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

つみたてNISA、一般NISA、新NISA。全部使って非課税枠を大幅に増やす方法とは?

BOOKウォッチ

AERA Money 2022 夏号「NISAの出口〈売り方〉」 (AERA増刊)(朝日新聞出版)<amazonで購入>

 2022年5月16日、「AERA Money」の最新号『AERA Money 2022夏号 「NISAの出口〈売り方〉」』(アエラ増刊・朝日新聞出版)が発売された。


 3大特集は「NISAの出口〈60歳以降の売り方〉」「ETFの基本〈分配金で老後の生活費がラクになる〉」「はじめての株主優待」。巻頭インタビューには料理愛好家の平野レミさん、公認会計士(オタク会計士)の山田真哉さんが登場。田端信太郎さん×テスタさんの特別対談も掲載されている。

NISAの売り方

 巻頭特集前半のテーマは「NISAの出口〈売り方〉」。投資信託のつみたてを始めたはいいが、60歳以降にどうやって売ればいいのか。ちょうど取り崩すときにリーマンショック級の大暴落が来ていたら、どうすればいいのか。できるだけ損せず上手に引き出す方法が紹介されている。

 巻頭特集後半では、まだ投資信託のつみたてをはじめていない人向けの「知識ゼロではじめるNISA入門」を特集。

 つみたてNISA、一般NISA、2024年スタートの新NISAの違い、3種類のNISAを全部使い、非課税で投資できる金額を大幅に増やす方法、2022年に入り、ネット証券各社が戦争状態になって競っている「投資信託のクレジットカードつみたて」の使い方などを解説している。

広告の後にも続きます

 投資信託のつみたてで、何を買っていいかわからない人には「NISAで買う投資信託」がオススメ。著書が累計351万部を突破したベストセラーFP、横山光昭さんが厳選した15本を紹介している。

 毎号好評の、【本誌でしか読めない、つみたてNISAの売れ筋投資信託ランキング】の最新版も巻末に201本、すべて網羅されている。「インデックスファンド」だけでなく「アクティブファンド」のリストもランキング形式で掲載される。

旬の有名人が続々登場

 巻頭には「レミパン」でお馴染み、料理愛好家の平野レミさんが登場。底抜けの明るさにファンも多い平野さんが、これまでつらかったことなど〈本当の心の中〉を明かしている。

 さらに、YouTubeのチャンネル登録数40万人突破の山田真哉さんも、賢く行きていくための秘訣を教えてくれる。『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~』で165万部のベストセラーを叩き出した山田さんは現在、公認会計士(オタク会計士)として本業をこなす傍ら、YouTubeでお金の知識を披露しているという。

 さらに、50億円トレーダー・テスタさんと、リクルートやZOZOなど名だたる企業で活躍してきた田端信太郎さんの対談も掲載。ほぼ同世代の二人が投資談義に花を咲かせている。

東証で買えるETF

 第2特集は「ETFの基本」。元本を取り崩さずに分配金だけチャリンチャリンと受け取れる「ETF」が注目され、ここ数年で純資産総額は3倍以上になっているという。ETFというと難しそうに感じるが、中身は投資信託でおなじみの「米国株式(S&P500)」「全世界株式(オール・カントリー)」「先進国株式」のものがあるという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル