top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ウクライナ・キャッツ」と呼ばれる猫 日常を伝える大切さと平和への祈り

おたくま経済新聞

 世界中から注視されている「ウクライナ情勢」。日夜流れてくるニュースに、心を痛めている方も多いかと思います。

 平和を祈る発信も増えている中、ルカクラさんの愛猫、珊瑚ちゃんとくららちゃんが「Ukraina cats(ウクライナ・キャッツ)」と呼ばれ注目されています。

【元の記事はこちら】

 「最近インスタにウクライナの国旗の絵文字をつけた海外からのコメントが増えた。”Ukraina cats”とのこと。言われるまで気付かなかった。1日も早く安心して暮らせる日常が戻りますように」

 この日、珊瑚ちゃんとくららちゃんのツーショット写真とともに、上記のつぶやきをTwitterへ投稿したルカクラさん。このとき投稿された写真は、先にInstagramへと投稿されており、その反響を伝えるものでした。

 2匹はある身体的特徴を有しています。それは「目」。実は珊瑚ちゃんとくららちゃんは、いずれも左右の目の色が異なる「オッドアイ」。しかも色が、ウクライナの国旗と同じく「青」と「黄」なんです。

広告の後にも続きます

 体毛はいずれも白ながら、目の色の配置は「左:黄、右:青」の珊瑚ちゃんに、「左:青、右:黄」のくららちゃんという左右非対称。

■ 葛藤が続く中の投稿

 Instagramへの投稿は当初意図したものではありませんでした。ところが投稿したタイミングが2月28日と、ウクライナ侵攻がはじまってわずか4日後だったということもあり、ウクライナカラーをもつ2匹の猫たちに注目が集まったようです。

 2月28日の投稿以降、2匹が写る他の投稿にも、ウクライナの国旗の絵文字やハートマークがついたコメントがよせられるようになりました。それを見るたび、ルカクラさんは自身の境遇と照らし合わせてある感情を抱くことに。

 「『罪悪感』に近いものでした。ウクライナの皆さんが辛い思いをしている時に、普段と変わりない生活を送っているのが重なったんです。また、私は『医療従事者』の資格を有しているのですが、療養中のため、このコロナ禍においても何も出来ていません。申し訳ない気持ちと共に、胸が痛くなっていました」

 そんな中で、ある時心境の変化が起こったそうです。それもまた、ウクライナを連想するコメントが届いたのがきっかけ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル