top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】稚拙な策だが…「勝負を決しましょう」一通の文の中身

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、児玉望氏の書籍『松永久秀~天下兵乱記~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】【小説】敗戦から五日後…三好勢と畠山勢の戦いの行方

永禄五年(西暦一五六二年)

三好勢は、長慶様より遣わされた伊沢大和守を陣代とした飯盛衆も加え、六万の大軍で畠山勢を追って河内街道を南下した。

畠山勢は信貴山の麓の教興寺畷(なわて)で、儂ら三好勢を迎え撃つべく、湿地を巧みに利用した形で布陣していた。これに対して儂ら三好勢も鶴翼に布陣したのであるが、湿地では大軍を動かすことが難しいうえに、久米田の戦いで痛い目に遭わされた根来衆・雑賀衆の鉄砲四千挺が脅威となり、儂らは動けずにいた。

そこで儂は一計を案じ、義長様の許しを得て、一通の文(ふみ)をしたためた。

広告の後にも続きます

『再度の内通、珍重に候。近日高政親子を誅殺なされる由、目出度く存じ候。その時は当方から軍勢を出して、即時に勝負を決しましょう。

五月十八日      久秀 (花押) 

遊佐河内守殿御陣所 』

「これを安見美作守の御陣に届けよ。ただし、渡したら一目散に逃げて来(こ)よ。さもなくば、そこもとの命が危ない」

そう言って、儂は陣僧に文(ふみ)を持たせた。

「少々稚拙な策だが、これで先方は多少の疑心暗鬼に陥ろう。さすれば、用兵もままなるまい」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル