top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「おいしそうに食べるデブ」はイケメンじゃなくても“圧倒的にモテる理由”

日刊SPA!

「おいしそうに食べるデブ」はイケメンじゃなくても“圧倒的にモテる理由”

―[モテるデブには理由がある]―

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

◆デブが知らず知らずのうちに身につけている特殊能力

 体型にかかわらず、自分はお腹がいっぱいなのになぜか一緒に食べている相手がおいしそうに食べる姿を見ていると、「おいしそうだから食べたいな~」なんて食欲をそそられる場面を体験している方も多いと思います。

「お腹がそんなに減っているわけではないのにあの人が食べていると、なぜかこっちまでお腹が空いてくるんだよね」なんて不思議に感じますが、そこには本人も自覚していない「周りの人を刺激してしまう魅力的美食テクニック」というものがあるのではないでしょうか。

 実は私も若い頃から周りの人たちに「お前、本当においしそうに食べるから、こっちまで腹減ってくるよ」などと言われることが多々ありました。本人は普通にただおいしく食べているだけなのに家族にも、友達にも、先輩にも言われるので「なぜだろう?」と感じていました。

 でも、逆に私自身も「Mr.Babe」の関係者と食事をしたり、撮影時にお弁当などを頬張るモデルさんを見たりすると、なぜかお腹が空いてくるのを感じていたので彼らの食べ方を観察してみたのです。

◆幸せそうに食べる姿は人に感動と空腹を感じさせる!

 まず、思ったのは食べる喜びが表情ににじみ出ていることです。

 本人は知ってか知らずか、一口一口食べるたびにそのおいしさを実感して「うんうん」と納得するような動きと表情を見せます。本当においしいから当たり前といえば、当たり前ですが……。

 次に言えるのが、大きな口を開けて多めに食べ物を口に入れるのです。このとき、口に入ったものを周りの人たちに見せずに、くちゃくちゃ音をさせることもせずに、ほっぺたを大きく膨らませて満面の笑みを浮かべながら食べると、なんともおいしそうに見えます。

 同じ場合でも、口の中に入っている食べ物が見えるように食べたり、喋りながらクチャクチャと音を立てて食べる人は女性にも嫌われることはもちろん、食事のマナーとしては最悪なのでおいしそうに見えるわけもありません。論外といっていいでしょう。

◆ギャル曾根からデブが学ぶべきこと

 でも、そこをちゃんとクリアでき、気持ちよくダイナミックに食べるデブ諸氏は皆さん周りからも「おいしそうに食べるよね~」と、周囲を幸せにできるデブ諸氏が私の周りには多いようです。

 たとえば、ギャル曽根さん。彼女はまったくデブではありませんが、大食い番組などでは「早く」「多く」食べなければ行けないのに決して口の中のものを見せたり、こぼしながら食べたり、音を立てて食べたりしませんよね。

 個人的にもギャル曽根さんが食べているところを見ると、お腹がいっぱいでも食べたくなってしまいます。これはギャル曽根さんの「美食テクニック」ではないかと考えております。

◆おいしい表情は自分も周りの人たちも幸せにする

 逆に口からものをこぼしながら苦しそうに食べているフードファイターの方もいらっしゃいますが、それを見ているとこちらまで苦しくなってしまいますし、食欲をそそられることもありません。

「食べる」という人間にとって当たり前の行為なのですが、人によって、食べ方によって不快にさせるだけの影響を及ぼすこともあるのです。

 おいしさを表情に出し、マナーを守り食べることは自分だけではなく、一緒に食べている人やもっと言えば作ってくれた人たちさえも幸せにしているのです。

 仮に彼女や奥さんが作ってくれた食事を美食テクニックを十分に生かして食べると、自分はもちろん「私が作ったものをこんなにおいしそうに食べてくれるなんて嬉しい!」という食べる側も、作る側もまさに「ハッピーの共有」ができます。「こんなにおいしいと思ってくれるなら、また作ってあげたい~」と、幸せで心もお腹もいっぱいになれる、なんとも素晴らしいことではありませんか。

◆目指すべきは「美フードファイター」

 私はこんな心も体も幸せにできる美食テクニックを身に着けている人を「美フードファイター」と呼んでいます。

 かくいう私も自称「美フードファイター」を名乗り、過去には某レストランのイベントで行った「おいしそうに食べている人グランプリ」という企画でグランプリに輝いたこともあるのです。

 食べ方ひとつで自分も周りの方々も幸せな気持ちにさせることができる「おいしそうに食べる」というテクニック。

 全国のデブ諸氏の皆さんのビックボディという個性を活かせばなおのこと周りを、いや世界を幸せな気分にさせることができると私は思っておりますので、ぜひ「美フードファイター」を目指していただければ幸いです。

【倉科典仁】
渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中(Twitterアカウント:@nori09140914)

―[モテるデブには理由がある]―

TOPICS

ジャンル