top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【インタビュー】映画『ハケンアニメ!』小野花梨 「カムカムエヴリバディ」のきぬちゃんから天才アニメーター役へ! 俳優業で大切にしているのは「他の人と自分を比べないこと」

もっとエンタメ

 直木賞作家・辻村深月の同名ベストセラー小説を原作に、テレビアニメの制作に情熱を注ぐクリエーターたちの奮闘を描いた『ハケンアニメ!』が5月20日から全国公開となる。本作で“神作画の天才アニメーター”並澤和奈を演じるのは、NHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(21~22)の“きぬちゃん”役で注目を集め、現在は「恋なんて、本気でやってどうするの?」(フジテレビ系)にも出演中の小野花梨。和奈役に込めた思いと、本作で描かれたメッセージを、子役時代から俳優として歩んできた自らの経験を踏まえながら語ってくれた。

-並澤和奈が仕事に取り組むときの真剣な表情と、プライベートでの穏やかな表情のギャップが人間味を感じさせて印象的でした。演じる上で、どんなことを心掛けましたか。

 並澤和奈は、まだ20代前半にも関わらず、すでにそうそうたるベテランのスタッフを納得させるだけの力を持ち、「神作画の天才アニメーター」と注目を集めているんですよね。それだけを聞いたときには、“いかにも天才”みたいな女の子かと思ったんです。でも実は、仕事以外では自分に自信がなかったり、男性とデートするときにはウキウキしておめかししたり、ちょっとしたことに一喜一憂する人間らしい一面も描かれている。だから、天才アニメーターという部分に引っ張られ過ぎず、「彼女にも彼女なりの人生がある」と考え、人間としてリアルでいることを意識しました。

-続いて、天才アニメーターという点に関連し、小野さんの「天才像」についてお聞きします。今まで出会った中で、「この人は天才だ」と思った人はいますか。

 例えば、絵を見て「これを描いた人、天才!」とか「電子レンジ作った人、天才!」みたいなことはよく思います。でも、実際に「天才」という言葉に心が揺れたことはないかもしれません。天才って、すごく便利な言葉だけど、ちょっと安易な気がするんです。天才は“生まれた瞬間から出来上がっている”というイメージですけど、そう見える人も、実は裏にいろんなことがあるはずなんですよね。私が会ったことのある監督たちも、皆さんものすごく考えているし、いろんな人…

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル