top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チャンネル鰐、“爬虫類カフェ”オープンに向け約2mのワニを飼い始める

yutura

5月18日、「ちゃんねる鰐」(登録者数72万人)が「約2mの巨大ワニを引き取りました」を公開しました。

“爬虫類カフェ”オープンに向け、新物件購入も前途多難な道のりが続く

“爬虫類系YouTuber”として知られるちゃんねる鰐は、自らが飼育するトカゲやヘビといったさまざまな生物に関する動画を投稿しています。昨年8月に公開した動画でちゃんねる鰐は、“爬虫類カフェ”を開くため、かつて昆虫館として利用されていた物件を購入したと報告。この物件は敷地が広く、爬虫類を飼育するための設備も揃っているそうです。

一方、ちゃんねる鰐はこの物件には問題点が多いことも明かしています。昨年9月に公開された動画では、引渡し日を過ぎても売主が契約を守らず敷地内のゴミを撤去していなかったほか、12月に公開された動画では屋根裏に相当な規模の火災があったと思われる痕跡が発見されるなど、「悲惨な状況」を明かしています。

関連記事
屋根裏が火災で炭化しボロボロ… 爬虫類系YouTuberの購入した”昆虫館”に新たな大問題が発覚
爬虫類系YouTuber、カフェ開設のために買い取った物件の“悲惨な状況”を報告

2匹のワニを昆虫館へ

広告の後にも続きます

18日に公開した動画では巨大なワニガメを昆虫館へ移動させる様子を公開していたちゃんねる鰐。今回の動画では2匹のワニを昆虫館へ移動させます。輸送するのはメガネカイマンと呼ばれるワニ2匹で、メス、オス1匹ずつです。

引き取り先ではまず、ワニをコンテナバッグに入れ、針金で封をします。コンテナバッグとは工事現場でゴミや資材をいれる目的で使用される巨大な袋のこと。さらに、袋に入ったワニを金属製の箱に入れ、南京錠で施錠。厳重な管理下において輸送します。

昆虫館に到着後、ワニが入った箱を車から箱を下ろし、飼育ケージの中に放ちます。オスのワニはかなりの大きさで、大人3人がかりでようやく持ち上がるほどの重さです。

ゲージに放ち、興奮するちゃんねる鰐。「見て!こんな大きさですよ!」「1m70〜80cmはあるんじゃない」と視聴者にワニを見せつけます。

YouTube

今後は身体測定や餌やりの様子を公開予定

現在飼育している保管ケージは一時的なものだといい、今後は爬虫類カフェのオープンに向け、鑑賞しやすくメンテナンス性のよいケージを作る予定だそう。「やっぱり前面はガラスがいいですよね。アクリルだとどうしてもワニが引っ掻いたりして、だんだんキズがついて白く濁って見えなくなってしまう」などと楽しげに話し、展示方法について考えを巡らせている最中のようです。

今後は、ワニやワニガメの身体測定や餌やり動画も公開していく予定だとしており、チャンネル登録を呼びかけ動画を締めくくりました。ワニには餌としてコイやブラックバス、ウシガエルを捌かずそのまま与えるそうです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル