top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「文句」を言いたがる人、言うのが好きな人の心理とは? 心理カウンセラーが解説

オトナンサー


「文句を言いたがる人」はどんな心理状態?

【画像】心理カウンセラーが推奨する、「文句を言う人」への接し方2パターン

 クレーム対応の現場をはじめ、会社の飲み会の場、家族・友人間など、あらゆるところに「文句を言う人」は存在するものです。文句には、不満や苦情といったネガティブな内容が含まれ、聞かされる側からすると気持ちのよいものではありません。そのため、「いつも文句ばかり言っている人と話すのは疲れる」「文句の内容に同意を求められると、正直困る」「接客業をしていると、ただ文句を言いたいだけの人もいると感じる」という声もあります。

 しかし、文句を言う人の中には、「文句を言わないと気が済まなくて…」「正直、文句を言うこと自体がわりと好き」という人も一定数いるようです。文句を言いたがる人や、文句を言うのが好きな人の心理とはどのようなものなのか、心理カウンセラーの小日向るり子さんに聞きました。

「防衛機制」という心理メカニズムが関係

Q.一般的に、「文句を言いたい」と感じているときの心理とは、どのようなものでしょうか。

広告の後にも続きます

小日向さん「文句を言いたい心理は、精神医学者のフロイトが提唱した『防衛機制』という心理的メカニズムで解釈することができます。防衛機制には、『逃避』『同一化』『抑制』『退行』『反動形成』『投影』『昇華』などがあります。

例えば、ひたすら自分の鬱憤(うっぷん)を晴らすように、つじつまが合わないことをわめくタイプのクレーマーは『逃避(現状が苦しいため、他のものに心的エネルギーを注いで現状を回避すること)』、同意を求めてくるタイプの文句は『同一化(自分一人では不安なので、自分以外のものと自分が融合した一体感を持とうとすること)』、職場の人の文句ばかり言う人は、『投影(自分の欠点を正視することに耐えられないため、自分以外のものに責任を転嫁すること)』…といった防衛機制が働いていることがあります。

ただし、防衛機制には、『昇華』のように現実原則を承認しつつ、欲求を発散するものもあります。誰もが自我を安定させるために持っている心理なので、防衛機制自体が“悪”ということではありません」

Q.実際に文句を言うことで、言った人の心理状態にどのような変化が起こるのですか。

小日向さん「『文句は防衛である』と先述しましたが、意識としては、多くの人が文句を言うことによって『防衛できた』というより『スッキリした』と感じることが多いと思います。

なぜ『スッキリした』と感じるのかを掘り下げると、自分以外のものに責任を転嫁して心の負荷が軽くなったことによるものや、自分を正当化できたり、他者からの賛同が得られたりしたことによる安心感など、自己防衛が成功したことによって『心を守ることができた』という安堵(あんど)の心理から生じる感覚である、といえるのではないでしょうか」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル