top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サラリーマンはFXで「億り人」になれるか?【プロトレーダーが解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

一般のサラリーマンが「億り人」と呼ばれるほど資産形成することは可能なのでしょうか? 真面目に働き貯金しているだけでは難しいように思えますが、株式会社ソーシャルインベストメントの清水一喜氏は、「FXを使えば可能性がある」といいます。今回は、忙しいサラリーマンが「億り人」になる方法について解説します。 

時間もお金もないサラリーマンは「億り人」になれない?

サラリーマンが億り人になるためには問題が2つあります。1つは時間がないこと、もう1つはお金がないことです。時間がないと動けませんし、お金がないと人を雇うこともできません。

このため、通常の方法でサラリーマンが「億り人」になるのは難しいように思えます。

しかし、時間がなくともお金にお金を働かせる方法があります。それが投資であり、FXです。FXならば、複利で資金を倍々にしていくことが可能です。サラリーマンであっても1年で「億り人」になる人も珍しくはありません。

「でも投資は損するかもしれないから危険だ」その意見は正しいです。しかし、FXならかなり安全に損失を抑えつつ、投資を学んでいくことができます。

FXを使えば、「お金を働かせる」ことができる

広告の後にも続きます

先述の「お金が働いてくれる」とはどういう意味でしょうか? これは、「自分はなにもしなくても勝手にお金が増えていく」という意味です。

そんなわけあるはずがないと思うでしょうが、投資というものは基本的にそういう考えで行うものです。

FXとは、たとえば「100円で買ったものを101円で売る」というようなことです。この場合、結果的に1円得をします。しかし、100円が101円になるまで時間がかかるため、ある程度は放置する必要があります。放置しておくとやがて101円の状態になることがあるので、そのときに売ればいいわけです。

これが、「お金を働かせる」しくみです。逆に100円のものが99円になれば1円減っているので、これは損をしたということになります。

FXを使えば複利で資金が倍々に

FXでは1ロットで取引を行うと、10pipsで1000円となります。この際に必要な初期資金は大体5万円と考えてください。

なぜ5万必要なのかというと、日本の証券会社には「証拠金」というものがあり、これがなければ取引を行うことができません。それから、もっとも代表的な通貨ペアの「ドル円」の証拠金が大体5万であることが多いのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル