top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

関連人物・年表でわかりやすく解説!~明治維新にいたるまで~

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、源田京一氏の書籍『彷徨える日本史 今、解き明かす「征韓論」 西郷隆盛は主流かそれとも傍流か』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】日本史で習う「五箇条の御誓文」発布に込められた真意とは

第一章 明治維新とは何だ

第一節 五箇条の御誓文と大日本帝国憲法

コロナウイルスが地球上の人間に対して、猛烈に襲い掛かってきた。しかし、どこの国の人にも、相手の差別なく感染の激流を送り込んできた。ここでもお国柄とか経済の差によって見方によれば、必ずしも平等ではない一面もあろう。

筆者はそこに言及出来る程の知識は全くない。ただ、専門家と言われるひとたちの纏(まと)まりを欠く、頼りなさげの話でもしっかりと受け止めている。幸いにして、現在の日本国は後進国ではないし、発展途上国でもない。文化レベルも自由民権も侵害されているとは全く思っていない。

広告の後にも続きます

明治の賢人たちが日本人をより良き方向に導いてくれたことも先人賢者たちに感謝をしよう。当然、ここまで日本国が彷徨いながらもしっかりと足跡を残してくれたのは、時代(じだい)〳〵(じだい)、それなりの立場が自分の子孫と血統を守ってきたからではないかと、的外れな確信を持っている。

◉大日本帝国憲法

明治二二年(一八八九)公布。帝国憲法・旧憲法とも言われることもある。東アジア最初の近代憲法であり、一九四七年の有効期限終了まで一度も改正されたことはない絶対効力の憲法であった。この憲法の是非について色々な見解もあろうが、今回はそこに触れないでおきたい。

次に日本国の国体の変遷を復習し、大日本帝国憲法の公布と施行が国民にどれ程の高揚感を与えたかを的確に学習しないと、明治新政府も国民大衆も単なる空騒ぎになってしまうだろう。幕末期から明治維新を深く学習し楽しむためには、登場人物と改革が多い。

それを理解するには文字を眺めるだけでは、明治維新が厄介(やっかい)で面倒な印象だけが残る。そこで少しだけわかり易くする為に、読者にここで目安を記しるしておきたい。参考に出来るところがあれば参考にして頂きたい。

参考資料1 明治維新関連人物

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル