top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

企業体質を根底から変える3つの改革とは

楽しみワークス

企業体質を変えると成長がはじまる

はじめに

本原稿は、中小企業の体質を劇的に変える3つのポイントについて解説しています。

女性が活躍できる環境づくりをすすめる

労働時間が長い、休暇が取りにくいという現状のまま女性職員の活躍を推進しても変化は期待できません。仕事と家庭の両立がしやすい環境を整えなければ長期的なキャリア形成が難しいからです。

女性の活躍推進に対する意識を持ち、ワーク・ライフ・バランスを明確にしたメッセージを発信する必要があります。

ワーク・ライフ・バランスとは、実生活に即した働き方、休み方が必要です。男女平等社会といっても、実態はまだまだ伴っていません。家庭内のことは、女性に負担がかかる傾向にあるのは事実です。そうした傾向をなくし、男女ともに家庭も仕事も力を発揮できる視点が必要です。例えば、家事や育児負担を分担しやすい制度設計もそうした一つです。

●子供の誕生日休暇
●ボランティア休暇
●病気休暇(本人・家族)
●ブリッジ休暇

ワーク・ライフ・バランス管理を評価項目にする

ワークライフバンスは企業から考えるべきる課題

広告の後にも続きます

定時退社や休暇取得は評価を下げる要因であると社員は考えがちです。また、部下のワーク・ライフ・バランスに対して意見を言うことは、部下のプライバシーを侵害するのではと考える上司もいるでしょう。

しかし、業務の円滑な進行には、上司による部下のワーク・ライフ・バランスのマネジメントが欠かせません。いわば、部下に対する働き方・休み方に関するマネジメントは、部課長の業務なのです。

そのことを部課長の意識を変える方法として、人事評価に部課長本人及び部下のワーク・ライフ・バランス管理についての項目を組み込むことが考えられます。

部下の労働時間や部署内の年次有給休暇の取得目標値の達成度などを管理職の評価項目にすることで、長時間労働の削減や休暇の取得も業務の一環なのだと意識付けるのです。

それにより定時退社や休暇取得に対する社員の不安も解消され、上司も堂々とワーク・ライフ・バランスに対するマネジメントを行えます。

休み方のマネジメントは、休暇の取得に関することです。しっかり働き、しっかり休みという意識を社内に浸透させることが大切。休暇の内容まで踏み込むとプライバシーの侵害になりますし、休暇なのに暗に在宅業務に従事するように暗喩するとハラスメントになるので、その点はくれぐれも注意しましょう。

部課長の委員会ワーキンググループを設置

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル