top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新アニメ「うる星やつら」10月放送!チェリー役に高木渉、サクラ役に沢城みゆき

シネマトゥデイ

あたるとラムの物語が再び「うる星やつら」キービジュアル – (C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

 漫画家・高橋留美子の代表作を再びテレビアニメ化する完全新作「うる星やつら」が、10月からフジテレビ「ノイタミナ」枠ほかで放送されることが決定し、キービジュアルとPVが公開された。また新キャストとして、チェリーこと錯乱坊役を高木渉、サクラ役を沢城みゆきが担当することが明らかになった。

 「うる星やつら」は、女性好きで移り気な地球の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた一途な美少女ラムのボーイミーツガールを、個性的なキャラクターたちが彩るラブコメディー。主人公の“ダーリン”こと諸星あたるを神谷浩史、ヒロイン・ラムを上坂すみれ、三宅しのぶを内田真礼、面堂終太郎を宮野真守が演じる。

 公開されたキービジュアルは、物語の舞台と思わしき町並みを背景に、あたると、逆さまに宙に浮かぶラムが見つめ合うエモーショナルな仕上がり。そして、同時に公開された第1弾PVでは、“動くやつら”が初公開。受難のあたる、空を飛ぶラム、怒りで机をかつぐしのぶ、カッコ良さげに名乗る面堂、眉間に皺を寄せるサクラ、食事中の錯乱坊など、往年のファンにも懐かしい面々を映し出した、ドタバタ感とワクワク感が交差する映像となっている。

錯乱坊役の高木渉とサクラ役の沢城みゆき(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

 高木が演じるチェリーは、あたるを見るなり不吉な人相だと言い、たびたび悪い予感を的中させる旅の僧。本作について「ドタバタコメディかと思いきやシリアスなお話も入ってきたりして、どこを切っても楽しめるエンタメの金太郎飴って感じです(笑)」と語る高木は「永井一郎さんの絶妙なさじ加減と、とてもチャーミングに演じてらしたキャラクター作りはとても真似出来ないのですが、物語のスパイス的な存在になれるように僕自身楽しんで引っ掻き回していきたいなと思っています」と意気込む。

 また、沢城が演じるサクラは、巫女としての顔を持ち、あたるに「女難の相が出ている」と忠告するミステリアスな美女。演じる沢城は「いったい本心はどこにあるのやら……(笑)掴みどころのない不思議な魅力の人だなと、個人的には感じています。少しづつ仲良くなっていかれたらいいなと思っています」とコメントしている。

広告の後にも続きます

 監督は「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」を手掛けた高橋秀弥(高ははしごだか)と木村泰大、シリーズ構成に「はたらく細胞」の柿原優子、キャラクターデザインに「おそ松さん」「映像研には手を出すな!」の浅野直之、アニメーション制作は「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの david production が担当する。(編集部・入倉功一)

アニメ「うる星やつら」は10月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル