top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

見知らぬ人にもらった100ドル札が運命を変えた。命からがら飛行機に乗り込んだ避難姉妹の物語

カラパイア


 1999年、コソボ紛争の真っただ中、ユーゴスラビアから命からがら避難し、一文無しでアメリカへと渡った2人の少女姉妹。

 姉妹は飛行機の機内で、見知らぬ女性からメモと共に100ドル札(約13,000円)を手渡される。不安と恐怖でいっぱいの姉妹たちだが、女性からの慈愛に勇気づけられ、後の運命を切り開くきっかけとなった。

 姉妹はこの女性の行為を片時も忘れることがなかった。アメリカでの生活が落ち着くと、姉妹はすぐに女性を探し始めた。とにかくお礼がいいたかったのだ。

 そして23年後、ついに再会を果たすこととなる。

無一文でアメリカ行きの飛行機に乗った姉妹少女

 1999年5月31日、アイダ・ズガイさんは姉のヴァンジャ・コンティノさんとアメリカ行きの飛行機に搭乗していた。

 当時、アイダさんは12歳。姉とたった2人で紛争中のユーゴスラビアから、無一文でアメリカに避難しようとしていた。

 機内で少女たちは1人の女性と出会った。隣の座席に座っていたその女性は、黙ってずっとアイダさんの話を聞き、飛行機を降りる間際に封筒を差し出した。

 封筒を開けると、メッセージを書いたメモと100ドル紙幣が同封されていた。メモにはこのように綴られてあった。

ユーゴスラビアの少女たちへ。あなたの国での戦争が、あなたの家族に困難を引き起こしたことをとても悲しく思います。

アメリカでの滞在が、あなたたちにとって安全で幸せなものになることを願っています。トレイシーより

見知らぬ人のやさしさと100ドル札が運命を切り抜けた

 無一文で不安を抱えながら飛行機に乗り込んだ姉妹にとって、トレイシーさんのやさしさは大きな励みとなった。

 ボストンに移住したアイダさんは、トレイシーさんのことを決して忘れなかった。アイダさんはメモをずっと大切に保管し続け、メモを何度も読み返すことで、勇気をもらい、自分の自信に繋げた。

私たちにとって、あの100ドルは貴重なお金でした。あのお金があったからこそ、アメリカに着いた夏の間、どうにか過ごすことができたし、3か月間ホスト先に滞在する助けにもなったのです。(アイダさん)

女性に会ってお礼が言いたい、探し続けて10年

 いつか、トレイシーさんに会って、感謝の気持ちを伝えたい。そう思いながら暮らしているうちに、20年の歳月が過ぎた。

 大学を卒業したアイダさんは、非営利団体に就職した。姉は結婚し、2人の子供に恵まれて幸せに暮らしているという。

 アメリカに到着した日を記念日として、この10年間毎年アイダさんはソーシャルメディアを更新し続け、トレイシーさんを探し続けてきた。

 そしてついに事態が動く。

 アイダさんがトTwitterに、トレイシーさんを探すための動画を投稿したのがきっかけだ。
テニスが上手な中年の女性で、ミネソタ州に戻ると言っていました。パリから乗ってきて、テニスをしにアムステルダムに行って、アムステルダムからの飛行機の中で私たちと知り合いました。

23年ぶりの再会が叶う

 Twitterの動画が拡散されると、その筆跡に見覚えがあるという人物から連絡があった。それは、トレイシーさんの娘のアシュリーさんだった。

 アシュリーさんから、アイダさんが探しているのはミネアポリスに住むトレイシー・ペックさん(70歳)であることが判明し、ついに2人は23年ぶりに再会することが叶った。

トレイシーさん  ズームで顔を合わせた2人は、1時間にわたり笑いと忘れられない思い出を共有し。アイダさんは、トレイシーさんの思いやりに対して感謝の気持ちを述べた。

 トレイシーさんは「やさしさは、神様からの贈り物です。あなたの話にとても心打たれたので、あなたたち2人のために親切にしたいと思ったのです」と、23年ぶりの再会に喜びを露わにした。

References:Woman who gave $100 to two refugee sisters on a plane is reunited with them 23 years later/ written by Scarlet / edited by / parumo
written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル