top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米国議会でUFOに関する公聴会が56年ぶりに開催。未公開映像が公開される

カラパイア


 5月17日、アメリカ政府は、1966年以来56年ぶりとなるUFOに関する議会公聴会を開催した。

 アメリカではUFOではなく、UAP(未確認航空現象)を正式名称としているため、本文ではUAPとする。今回の公聴会では、新たに未公開映像がいくつか公開された。

 国防総省は近年400件以上の目撃情報が集まっており、中には11件のニアミス事故まであったと報告したが、具体的な証拠に乏しいため、何の物体であるかを説明できない状況のままだ。

 すくなくともアメリカ政府の関心は宇宙からやってきた異星人ではなく、外国の次世代兵器が自国領空に与える脅威であることもうかがえる内容だった。

400件の目撃報告、米軍機とのニアミスも11件発生

 およそ1時間半に及んだ5月17日の議会公聴会では、軍情報部の責任者が証言し、最近の状況を報告している。その後、非公開となり、機密会議が開かれた。

 米海軍情報部のスコット・ブレイ副部長は公聴会で、国防総省のUAP追跡タスクフォースは約400件の報告を集めたと証言。

 このところ関連の報告が増えているが、その背景にはドローンの普及、センサーの性能向上、目撃したことに対するレッテルの解消といった要因があるだろうとした。

 また米軍機とUAPのニアミスが少なくとも11件あったとも説明しているが、衝突事故は起きていないとのこと。

 公聴会の冒頭で、議長を務めた民主党のアンドレ・カーソン議員は次のように述べている。
あまりにも長いこと、UAPにつきまとう汚名が情報分析の妨げになってきた。パイロットはそれを報告しようとはせず、したとすれば嘲笑されてきた。

懐疑的な安全保障関係者を恐れるあまり、国防総省はこの問題に蓋をするか、一切を隠そうとしてきた

今日、私たちは以前にも増して知るようになった。UAPが不可解なのは確かだ。だが現実にある。ゆえに調査せねばならない。何か脅威があるのなら、取り除かれなければならない


公聴会で公開された暗視カメラの映像。緑色に明滅する三角の飛行物体が確認できる

UAPをとらえた2本の映像が新たに公開

 公聴会でブレイ副部長は、これまで一般には未公開だった海軍機が撮影した2本の動画を提示。その1本には、小さな球状の物体がコクピットの外をさっと横切る様子が映し出されている。
公聴会で公開されたUAP/UFOのコクピットカメラ映像。公聴会の非公開部分で議員らは何を目にしたのだろうか
 わずか数秒の映像だが、UAPを裏づける証拠が乏しいことを強調するために使われたものだ。ブレイ副部長によれば、この物体の正体はまだ解明されていないという。

 もう1本の映像は、暗視カメラが空で明滅する三角形の物体をとらえたもの。こちらは数年間未解明だったが、のちに無人ドローンであることが判明したと説明されている。

公聴会で公開された映像のうちの1つ/ image credit:US Department of Defence

真相はまだ闇の中

 ブレイ副部長によると、ほとんどのUAPは正体が特定されるが、説明不能なままのものも数多くあるとのこと。

 しかしこれ以上のことは、公聴会でほとんど語られなかった。いくつもの疑問が未回答のままで、詳しい情報もほとんど明らかにされていない。

公聴会のフル映像

 「非常に不満の残る公聴会だった。現時点でどこまで調査が進み、今後どのくらい調べることがあるのか思い知らされた」と、元国防総省情報部事務次官のクリストファー・K・メロン氏はツイート。

 「今朝のUFO公聴会は、完全にジョークだ」とティム・バーチェット下院議員も不満をあらわにする。

 「自分で見たものを話せる者から聞くべきだった。だが出てきたのは何もわかっておらず、質問にきちんと答えられない役人だけだった」

 とある記者が何か学んだことはあるかと質問すると、バーチェット下院議員は「いいや、自分が正しかったということだけだ。隠蔽は続くということだ」と語ったそうだ。

References:Two New UFO Videos Were Revealed In The Historic Congressional Hearing | IFLScience / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル