top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

島崎藤村・不朽の名作「破戒」60年ぶりに映画化!自らの出自に苦しみながらも恋に患う主人公・丑松を体現する間宮祥太朗の姿など、その映像美を垣間みる場面写真一挙公開!

cinefil

1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村・不朽の名作「破戒」。60年の時を経て、往年の名作が再び映画化され、7月8日(金)丸の内TOEIほかにて全国公開されることが決定!

主人公・丑松を気迫溢れる様子で演じ上げたのは、近年、映画『東京リベンジャーズ』やドラマ「ファイトソング」(TBSテレビ)、「ナンバMG5」(フジテレビ)に出演するなど、多彩な活躍が目覚ましい若手俳優・間宮祥太朗
自らの出自に苦悩し、そして最後にはある告白をする難役に気迫の演技で挑み、観る者を惹きつける!相手役・志保を演じるのは若手女優の中でも特に演技への評価が高い石井杏奈
丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない控えめな女性を演じる。悩める丑松を支える親友・銀之助役に、出演作のオファーが相次ぐ若手俳優・矢本悠馬
さらに、眞島秀和、高橋和也、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、大東駿介、小林綾子など日本映画界を代表する名優たちが顔を揃える。

©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

脚本は『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で数々の受賞歴を誇る巨匠・加藤正人と『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』の木田紀生が担当。監督は『発熱天使』や『みみをすます』の前田和男。かつての名作を、2022年・現代最高レベルのキャスト・スタッフで映画化した!

©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

広告の後にも続きます

豪華キャストが共演する場面写真を解禁

舞台は、まだ身分制度の影が残る明治後期。出自により、職業や住む場所を制限され、他の身分の人々との交際も許されず、不当に差別される時代。

瀬川丑松(間宮祥太朗)は、自分が被差別部落出身ということを隠して、地元を離れ、ある小学校の教員として奉職する。彼は、その出自を隠し通すよう、亡くなった父(田中要次)から「誰も信じるな。誰にも心を許すな。何があっても隠し通せ」と強い戒めを受けていた。

丑松の父役・田中要次
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

寺に奉公に入っている志保役・石井杏奈
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル