top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

メルロに特化した「ドメーヌ・コーセイ」が新ヴィンテージ 『片丘メルロ 2020年』と『メルロ・ロゼ2021年』をリリース

ワイン王国

元メルシャンのチーフワインメーカー 味村興成氏がエノロジストを務める「ドメーヌ・コーセイ」ではメルロに特化したワイン造りをしている。長野県塩尻市が世界に誇るメルロである。

ミスター・メルロのチャレンジ

 2020年に初リリースされた『片丘メルロ 2019年』は、フレンチオークとアメリカンオークの2タイプあり、フレンチオークは昨秋、フランス・ボルドーで開催された品評会「ボルドー酒チャレンジ 2021」で栄えある最高金賞を受賞、アメリカンオークも銀賞を獲得するという快挙を成し遂げた。
 ワイナリー設立後の初ワイン、樽違いのメルロのダブル受賞は、今回リリースされた2ヴィンテージ目の『片丘メルロ 2020年』に大きな弾みをつけた。メルロに精通する味村エノロジストの手腕にも、さらなる期待が高まっている。

[ 関連記事を読む – 日本 ]

アメリカのケンタッキーで3年間自然乾燥させ、フランスの製樽技術を生かしたカントン/Canton(タランソーの米国子会社)の最高級樽。従来のヴァニラ風味が特徴のアメリカンオークとは異なり、ワインに優雅さや繊細なバランスをもたらす

片丘メルロのスタイル

 原料ブドウは長野県塩尻市片丘にある自社農園で栽培されたメルロ。収穫したブドウはステンレスタンクで発酵後、フランス産材のオーク樽とアメリカ産材のオーク樽を用いた2タイプを醸造。フレンチオークは、シルヴァン/Sylvain、ナダリエ/Nadalie、ルモン/Remond、 マルサネ/Marsannayの各樽の個性の相乗効果を反映させ、アメリカンオークはカントンを使い、片丘メルロとの絶妙な相性を表現している。11カ月間の樽育成を経た後、無ろ過で瓶詰め。
 2020年ヴィンテージは、新樽率100パーセントだった前ヴィンテージと異なり、新樽と一空樽で仕上げた。2種の片丘メルロは、異なる樽から醸し出される、緻密で清涼感のある味わいが楽しめる。

広告の後にも続きます

フレンチオーク(左)
深みのあるパープルカラー、心地よい酒質、果実味を引き立てる酸味、豊かできめ細かなタンニン、食材に寄り添ってくれるフードフレンドリーなワイン
アメリカンオーク(右)
色調は赤紫、プラムやブルーベリー、アロマにはナツメグやシナモンなどのスパイシーさ、トースト、カラメル、舌になじむソフトなタンニン、繊細なバランス

『ドメーヌ・コーセイ 片丘メルロ フレンチオーク 2020年』/『アメリカンオーク 2020年』
希望小売価格4290円(税込)

メルロ・ロゼ 2021年 × 春菊とイチゴのサラダ
メルロ・ロゼは自社農園で栽培したブドウを使い、除梗・破砕後タンクに入れ、ピンク色の果汁を別のタンクに引き抜いて醸造。ステンレスタンクで低温でゆっくりと発酵させ、香りや味わいを生かすため、無清澄・無ろ過で仕上げたフルーティーなスタイル
ラズベリーやレッドカラント、白桃やアプリコットのアロマ。微細な気泡が口中でフレッシュ感を際立たせ、その後からピュアな酸味が広がる。三者の酸(あまおうイチゴ、レモン、ワイン)が同調し、素材同志(春菊とイチゴ)の相性の良さも加わったマリアージュ

『ドメーヌ・コーセイ メルロ・ロゼ 2021年』
希望小売価格2750円(税込)

片丘メルロ 2020年 フレンチオーク & アメリカンオーク × 押上「スパイス・カフェ」のカレー
「カレーならスパイシーなニュアンスがあるアメリカンオーク」とのイメージを覆すマリアージュ。煮込んだ野菜の旨味を生かしたサンバルやチキンカレーにはフレンチオーク。個性あるラムキーマや、ニンジンとつぶ貝のビリヤニにはアメリカンオーク。さまざまなカレーのスパイス風味を、包容力豊かな2種のメルロが変幻自在に受け止めて好印象

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル