top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ガラス棒を溶かしてモチーフを編む「ストリンガーワーク」齋藤直さんの作品世界

おたくま経済新聞

 熱することで様々に形を変えるガラス。ガラス工芸の世界には多くの技法がありますが、糸状に細く伸ばしたガラスを編んで造形するものもあります。

 この技法を「ストリンガワーク」と名付け、数多くの作品を発表しているガラス作家の齋藤直(NaoSaito)さん。作品や技法について話をうかがいました。

【元の記事はこちら】

 美術科のある高校で立体造形、大学では彫刻科で比較的大きな作品を学んできたという齋藤さん。ガラスでの作品制作にのめり込むきっかけは、大学に非常勤講師としてやってきたガラス作家、橋本和代さんとの出会いだったといいます。

 細く伸ばしたガラスの糸を紡ぎ、バーナーを使って編むように立体作品を造形する橋本さんの作品に触れ、好きになったのだそう。「是非教えていただきたいと、そのままデザインやweb関係の仕事をしつつ、自宅で続けられるガラス制作に取り組むようになりました」と語ってくれました。

広告の後にも続きます

 素材に使っているのは、膨張係数が低く耐熱性の高いボロシリケイトガラス(ホウ珪酸ガラス)。「パイレックス」などの商標でも知られる耐熱ガラスで、ボロガラスの略称でも呼ばれています。

 ボロシリケイトガラスは含まれるホウ素の影響で密度が低いため、一般的なガラスより軽く丈夫で透明度も高い素材。しかし融点が高いため、とんぼ玉などのガラス工芸で使われるバーナーよりも高い温度が出せる酸素バーナーを使い、摂氏2000度ほどの高温で溶かして作品作りをするのだとか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル