top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

自衛隊関係多すぎ? 農作業の手伝いで知った不思議な土地柄

おたくま経済新聞

 しかし「身近に自衛官は多かったですね。近所の同級生も何人か陸自に行きました」とのことで、やはり比較的自衛隊との縁が深い土地柄のようです。「それにしても、今回のように次々出てくるとは思っておりませんでした」と驚きも語っています。

 というのも、自衛隊を退官後しばらくは都会にいたそうで、その時は逆に珍しがられたんだとか。「都会では『自衛隊!?すごい!何してたの!?』と、ちょっとしたヒーロー扱いされることもあったのですが、田舎では『へ~そうなんだー』くらいの温度差がある気がします」とのこと。

 普段は「自衛隊にトラウマあるタイプの元自(衛官)さんだったらどうしよう」と気を遣って自衛隊関連の話題を口にしないそうで、今回のことは「本当にたまたまでした」と話すうぐいす歌子さん。その後も特に自衛隊話で盛り上がることもなく「自衛官が珍しくないので、今さら聞きたいこともないのでしょうね」と苦笑していました。

 筆者も多くの自衛隊関係者と付き合いがありますが、意外と「身近に自衛官がいたから」自分も自衛官になったという方は少なくありません。知っている人がいるだけに、職業のことをよく理解して進みやすいのかもしれませんね。

広告の後にも続きます

 うぐいす歌子さんがブログに発表している漫画「りとるねいびぃぺんぎん」は、そんな自衛隊生活を知る上でも面白く読める作品となっています。入隊した際にお世話になる教育隊での話や、部隊勤務のエピソードは、自衛隊を理解する良い助けになるかもしれません。

<記事化協力>
うぐいす歌子さん(@frgunsou)

(咲村珠樹)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル