top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「4630万円、ネットカジノで全部使った」男逮捕…賭博も違法行為では? 弁護士に聞く

オトナンサー

阿部さん「国会の資料によると、逮捕・略式起訴され、罰金刑を科された例があります。2021年2月24日の衆議院内閣委員会の会議録などによると、海外の無店舗型オンラインカジノで賭博をした疑いで、京都府警が3人を逮捕したことと、その3人が賭博罪で略式起訴され、罰金20万円および罰金30万円の略式命令を受けたことが明らかにされています」

Q.山口県阿武町から提訴された男性について、ネットカジノへの賭けが事実だとしたら、賭博罪でも逮捕される可能性はあるのでしょうか。

阿部さん「ネットカジノで賭けをしていることが、スマートフォンの履歴などから証拠上明らかであれば、賭博罪で逮捕・起訴される可能性はあります。

ただ、本件の場合、『4630万円もの大金を、不当に返還していない(不正送金した)』ことが主要な問題となっているため、賭博罪が過剰にクローズアップされる事案ではないように思われます。実際に、本件では男性が電子計算機使用詐欺(刑法246条の2、法定刑は10年以下の懲役)の疑いで逮捕されました。今後賭博罪の被疑事実が追加されることはあり得るものの、詐欺行為の成否や悪質性の方が主要な争点となるでしょう」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル