top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「亡き母の着物、どこに行ったんでしょうね」次女がぽろり…居合わせた税理士が冷や汗をかいたワケ【相続専門税理士が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

「贈与」という制度は、相続税対策の王道として活用される一方、きょうだい間でもめる原因になりがちです。親子の何気ないやりとりや子どもたちへの配慮がかえって火種になることも珍しくありません。もめごとを避けるには、どうすれば良いのでしょうか? 税理士法人レガシィ『「生前贈与」のやってはいけない』(青春出版社)より、もめない贈与のポイントを解説します。

置物、絵画、和服…「形あるもの」の贈与はもめやすい

もめごとを避けるには、何をどう贈与するかも重要です。それによって、きょうだいのもめごとが起きにくくなったり、起きやすくなったりするからです。

もめごとが起きにくいのは現金の贈与です。形に残りませんから、あげた親ともらった子さえ黙っていれば、まず表には出てきません。少なくとも3年たてば、わざわざ表に出す必要もありません。

問題なのは形があるものです。たとえば、家やマンションといった物件はもちろんですが、立派な置物や絵画など、わかりやすいものを贈与すると話がややこしくなります。

よく問題になるのは和服です。こんなことがありました。

広告の後にも続きます

亡くなったお母さんには2人の娘さんがいて、生前に一時同居していた長女が、引っ越しの際に着物をほとんど持っていってしまったのです。おそらく、お母さんも「もう着ないからいいわよ」くらいのことは言ったのかもしれませんので、贈与にはなるでしょう。ただ、古い着物はよほどのものでない限り、相続財産に含める価値はありません。私たち税理士は黙っていますし、税務署も気がつきません。気がついても問題にはしないでしょう。

しかし、次女にとっては重要な問題でした。タンスにあったはずの着物がごっそりなくなっているのを、相続のときに知ったようです。もっとも、それを表立って口に出すことはありませんでした。そんなものを、もらった、もらわないと言い出したら、もめごとになるだけだとわかっていたからです。

とはいえ、お母さんの形見でもある着物ですから、心の中ではさぞかし憤懣(ふんまん)やるかたなかったのではないかと想像します。

■贈与はいわば「親の愛情の奪い合い」。金銭的な価値が問題なのではない

こういうことはよくあるのです。私たちの仕事が終わり、ご家族とお茶を飲みながら雑談をしていると、「タンスにあんなに着物があったのに、どうしたんでしょう」というせりふがぽろっと出てくることがあります。そんなひと言に、本心が出てしまうのでしょうが、下手をしたらそこでドンパチがはじまるかもしれません。ですから、そうしたことばを聞くと、私たちはギクッとしてしまうのです。

これは贈与にまつわる問題ではありますが、金銭的な価値が問題なのではありません。いわば親の愛情の奪い合いといってもよいでしょう。こんなことを言うと怒られそうですが、男同士よりも女同士のほうが、思い出の品に対する執着が強いようです。他人が見たら価値のないアクセサリー一つでも、姉妹の仲が険悪になることがあります。

男の場合は、そうした品ではなく、「兄貴のほうが結婚式が盛大だった」「オレは公立だったのに、弟は私立だった」という過去の出来事で険悪になる傾向があるようです。

現金の贈与であっても「生命保険金」は要注意

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル