top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

図でわかりやすく解説!内臓機能・関節部位を整えるヨガアサナ

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、松尾ひろ子氏の書籍『丹田力(自律神経力)を高めて真我と結ぶヨガ 改訂版』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】便秘解消で血液をキレイに!「快便ヨガ」について解説

ヨガアサナ(ポーズ)の図

準備整体ヨガプログラム、関連部位整体を行ない、さらに余裕があれば、ヨガポーズを行なってください。ヨガアサナ(ポーズ)は難易度がありますので無理のないように、自分の出来るポーズにチャレンジしてください。呼吸キープは下腹を絞って息を吐いてください(丹田呼吸)。

 

ねじり系ポーズ

①うつ伏せ、右手は真上、左手は真横、両足を大きく開く。息を吐きながら、左手を反対の方へめくって右床に手や肩をつくようにねじる。このとき手首を立て、かかとを突き出して、ひざを伸ばす。3呼吸キープ、反対も行なう。元に戻る。

②次は足巾を肩巾に開いて行なう。反対もやる。

広告の後にも続きます

効果

上半身、下半身のねじれを修正することで内臓の位置を正し、胸筋を開き、呼吸が深くなり、さらに肩、首のこりを取る。

 

合掌ねじりのポーズ

①両足を長座で座り、右足を左足のひざの外側に立てる。

②両手を合掌し、左ひじで右ひざを内へ押して、息を吐きながら右後方へねじる。3呼吸キープ。息を吸いながら①へ戻る。

効果

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル