top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

間宮祥太朗、苦しみながら出自を隠して生きる男を体現 「破戒」場面写真

映画スクエア

「破戒」の写真をもっと見る

 7月8日より劇場公開される、島崎藤村の同名小説を間宮祥太朗主演で描く映画「破戒」から、新たな場面写真が公開された。

 公開された場面写真では、自分が被差別部落出身ということを隠し小学校の教員として生きる瀬川丑松(間宮祥太朗)と、丑松が思いを募らせる士族の娘・志保(石井杏奈)のほか、出自を隠し通すよう丑松に戒めを残す父(田中要次)、丑松の下宿先の寺の住職(竹中直人)や寺の尼(小林綾子)、丑松の親友であ小学校の同僚の銀之助(矢本悠馬)、丑松の出自を疑う小学校校長(本田博太郎)、被差別部落出身の思想家である猪子蓮太郎(眞島秀和)、猪子の政治的宿敵である高柳(大東駿介)の姿などが切り取られている。

 「破戒」は、被差別部落出身であることを隠して小学校の教師を務める瀬川丑松の苦悩を描いた島崎藤村の小説の、60年ぶりとなる映画化作。亡くなった父から、出自を隠し通すよう強い戒めを受けていた丑松だったが、父からの戒めを破り、出自を隠さず生きる決意をする。丑松を「東京リベンジャーズ」などの間宮祥太朗、丑松が恋をする士族の娘・志保を石井杏奈が演じるほか、矢本悠馬、眞島秀和、高橋和也、竹中直人らが顔をそろえる。「発熱天使」「みみをすます」の前田和男が監督を務める。

【作品情報】
破戒
2022年7月8日(金)より丸の内TOEIほか全国公開
配給:東映ビデオ
©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル