top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

間宮祥太朗『破戒』丑松の決意を胸にした名シーンも 場面写真一挙公開

シネマトゥデイ

『破戒』より主人公・瀬川丑松(間宮祥太朗)と彼が思いを寄せる志保(石井杏奈) – (C)全国水平社創立 100 周年記念映画製作委員会

 島崎藤村の名作小説を、間宮祥太朗主演で60年ぶりに映画化する『破戒』(7月8日公開)の場面写真15点が公開された。

 藤村の「破戒」は、1948年に木下恵介監督、1962年に市川崑監督と名だたる巨匠が映画化。被差別部落出身という自らの出自に苦悩し、最後にある告白をする主人公・瀬川丑松の物語が描かれる。丑松を、映画『東京リベンジャーズ』やドラマ「ファイトソング」(TBS)、放送中の「ナンバMG5」(フジテレビ)など活躍目覚ましい間宮が演じる。

 舞台は明治後期。出自により、職業や住む場所を制限され、他の身分の人々との交際も許されず、不当に差別される時代。被差別部落出身の丑松(間宮)は、亡くなった父(田中要次)から自身の出自を隠し通すよう強い戒めを受けていた。地元を離れ小学校の教員となった丑松は生徒に慕われるが、世間での部落差別に心を乱し、下宿先の士族出身の志保(石井杏奈)への思いを募らせていく。

本ビジュアル

 公開された場面写真は、父、志保のほか、丑松の親友で同僚教師の銀之助(矢本悠馬)、丑松が傾倒する被差別部落出身の思想家・猪子蓮太郎(眞島秀和)、下宿先の寺の住職(竹中直人)、寺の尼(小林綾子)、猪子の宿敵である高柳(大東駿介)らの姿も見られる。丑松が、ある決意を胸に教壇に立つシーンも収められている。(編集部・石井百合子)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル