top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初主演作『マイスモールランド』嵐莉菜インタビュー 「家族も仕事も自分の居場所だと改めて気づいた」 居場所を失くした17歳の主人公を熱演

ガジェット通信

現役高校生であり、ViVi専属モデルとして活躍するモデルの嵐莉菜さんが、映画『マイスモールランド』で初主演&スクリーンデビューを飾りました。埼玉に普通に暮らす17歳のクルド人サーリャ役で、ごく普通の高校生活を送っていたが、あるきっかけで在留資格を失い、当たり前の生活が奪われてしまうという、思春期の少女の苦難と葛藤、成長を描く物語の中で、デビュー作とは思えない堂々とした演技を披露しています。自分自身5か国のマルチルーツを持つ嵐さんは、わがごとのように作品に取り組み、改めて気づいたことも多かったと言います。お話をうかがいました。

■公式サイト:https://mysmallland.jp/ [リンク]

●嵐さんが演じられた17歳のクルド人、サーリャというキャラクターには、とても共感したそうですね。

そうですね。彼女は日本で、普通の高校生として生活をしているけれど、クルドと日本の間で、自分のアイデンティティーに悩んでいるところに共感しました。私も日本で生まれ育ちましたが、両親のルーツが海外にあります。サーリャとは置かれている状況は違いますが、ご縁を感じたので、このサーリャという役を演じたいと思いました。

●作品や役を通じて自分と向き合うことにもなりますよね。

広告の後にも続きます

はい。この作品でサーリャを演じたことで、自分のルーツをもっと大事にしようと思いました。サーリャにとっての居場所が家族や聡太であることを考えた時に、わたしの居場所についても考えました。家族もそうですし、今、お仕事をさせていただいている現場も自分の居場所だと改めて気づくことができたので、家族もお仕事も大事にしたいと余計に感じました。

●お仕事も自分の居場所という感覚なのですね。

今回、気付いたことなのですが、自分の外見やルーツを拒んでいた時期があり、まわりと一緒にしたくて髪の色を黒髪にしたいと思っていたことがありました。でも本格的にお仕事を始めてからは、この外見を求めてくださっていることがわかり、それがすごくうれしかったんです。

●なるほど、早く社会に出られたことで居場所に気付いたわけですよね。

そうですね。今まで余計だと思っていたルーツが、わたしの武器だったと強く感じるようになって。だからこそ、お仕事という場所が居場所に思えたんですよね。

●今回は映画初主演でしたが、お芝居の経験はいかがでしたか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル