top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

爆問太田、お笑い賞レース審査員のオファー断る「俺は審査員やらない主義」おぼんに頼まれ司会に

リアルライブ

 5月17日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)で、太田光がおぼん・こぼんのおぼんから、漫才コンテストの審査員オファーを断った過去を明かした。

 爆笑問題は先日、ナイツの『ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)にゲスト出演した。そこからおぼん・こぼんの話になり、かつて国立演芸場で漫才協会版で「M-1」的な大会が開かれ、太田は「おぼん師匠から、審査員やってくれないかという話が来て、『俺は審査員やらない主義だからそれは出来ないです』と言ったら、『せめて司会でいいからやってくれ』と、わざわざタイタン来てくれて」と経緯を語った。おぼんの熱意に押され、太田は司会を受けることに。太田はそこでも「お笑いの評価は僕はしたくない。(司会なら)やりたいと思っています。やらせていただきます」と伝えた。

 ​>>爆問太田「今やテレビを超えてる」霜降り明星も出演する媒体の影響力を力説<<​​​

 すると、おぼんは「ありがとな、とにかく今吉本強いやろ。俺らが東京漫才何とかせなあかんのや」と話していたが、太田は「バリバリの関西弁で言っていて、この人何なんだ」とツッコミどころもあったと振り返っていた。

 さらに、爆笑問題とおぼん・こぼんは、収録を終えた『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)でも共演。情報解禁前におぼんが4ショットをツイッターに上げてしまったハプニングも、太田は暴露していた。

 なお、この日の放送では先週に訃報が報じられた、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんへのコメントはなかった。爆笑問題にとって上島さんは、かつての所属事務所であった太田プロダクションの直属の先輩であり、『サンデー・ジャポン』(TBS系)でもその経緯を話していたが、ラジオでの言及はなかった。あえて話さないスタンスを選んだのかもしれない。

 これには、ネット上で「芸人ラジオ、上島さんに触れる触れないで分かれたな」「こういういつもの感じのラジオもいいね」といった声が聞かれた。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル