top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミスマガ2021受賞者が全員殺し屋役で主演!映画『グリーンバレット』ティザービジュアル解禁

Pop’n’Roll

ミスマガ2021受賞者が全員殺し屋役で主演!映画『グリーンバレット』ティザービジュアル解禁

<ミスマガジン 2021>受賞者・天野ききら6名が主演を務める映画『グリーンバレット』のティザービジュアルが公開された。

本作は昨年の段階で制作が発表され、<ミスマガジン 2021>受賞者6名が主演するという設定から作品名が正式決定する前に『ミスマガジン、全員殺し屋』という仮称がWeb上で広がっていたもの。

内容は、殺し屋の日常を映し出したフェイクドキュメンタリー映画『最強殺し屋伝説 国岡[完全版]』のスピンオフ企画で、プロの殺し屋を目指し訓練合宿に参加する女の子6人の成長と規格外の殺し屋アクションを描く。

監督は、女の子の殺し屋2人組映画『ベイビーわるきゅーれ』がスマッシュヒットを記録している阪元裕吾が務める。

解禁されたティザービジュアルは、前作主演の伊能昌幸扮する国岡が中央に鎮座し、それを取り囲むように本作の主演であるミスマガジン2021の6人が中央に集合した“最後の晩餐”モチーフのものになった。

左から、金のインナーカラーがキラリと光る長髪で両手に銃を構える内藤花恋、国岡の横で頬杖をつき険しい顔を見せる和泉芳怜、整った黒髪を束ね銃を手に国岡の表情を覗き込む大島璃乃、チャーミングなニット帽をかぶりながらも拳に手を合わせ勇ましく構える山岡雅弥、開いた本から目を離し真っ直ぐ何かを見つめる辻󠄀優衣、冷ややかな視線を携えながらもテーブルに身を乗り出す天野きき、といった並びだ。

さらに上記7人のキャストのほか、オレンジがトレードマークの国岡に負けない鮮やかなピンクのジャージ上下に身を包んだ板尾創路、その後方でテーブル全体を見下すように立つ碕理人、髭面で左端から皆の隙を伺うような姿を見せる松本卓也、右端でビデオカメラを高らかに構え殺し屋たちの一挙手一投足を捉えようとする大坂健太、前作からカメラで追ってきた国岡を落ち着いた様子でカメラ片手に見守る阪元監督と、個性がぶつかり合うキャラクターたちが集結した。

映画『グリーンバレット』は2022年8月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次ロードショー。

映画『グリーンバレット』
8月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

■キャスト・スタッフ
和泉芳怜 山岡雅弥 天野きき 辻󠄀優衣 大島璃乃 内藤花恋 伊能昌幸
松本卓也 大坂健太 碕理人 中村龍介/板尾創路

監督・脚本:阪元裕吾 アクション監督:坂口茉琴
プロデューサー:所隼汰
撮影・照明:今宮健太、関将史 録音:五十嵐猛吏
衣装:入山浩章 メイク:赤井瑞希 美術・装飾:岩崎未来
ガンエフェクト:遊佐和寿 CG:松野友喜人 スチール:須藤未悠
制作プロデューサー:後藤剛 演出補:工藤渉 制作:新関収一
制作プロダクション:シャイカー
協力:講談社ヤングマガジン編集部
宣伝:ウフル/ブラウニー
製作・著作:キングレコード
配給:ラビットハウス

■INTRODUCTION
グリーンバレット、堂々完成。
コイツら、全員めんどくせぇ!!

2021年、殺し屋の日常を描いたモキュメンタリ―映画が映画ファンを騒つかせた。
それは『最強殺し屋伝説国岡[完全版]』。
監督は、『ベイビーわるきゅーれ』でも話題が話題を呼び、
異例のロングラン上映や特集上映が組まれた阪元裕吾。
その新鋭・阪元が取り組んだのは、
【孤高の殺し屋国岡×ミスマガジン2021の6人】という悪魔合体的な企画。
グリーンバレット!! 最強殺し屋伝説国岡合宿編ともいうべき本作は、
まだまだ謎に満ちている―――(撮影は終わってます。)
映画を観るものの初期衝動をくすぐることは間違いなし!

‘ゆるツヨ’の阪元メソッド全開でお届けする
この夏最高のエンターテインメント作品
8/26(金)、合宿開始!

©2022「グリーンバレット」製作委員会

TOPICS

ジャンル