top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

39歳の漫画家が描く、ガン闘病の実体験。

BOOKウォッチ

断腸亭にちじょう 第1巻(小学館)<amazonで購入>

 漫画家のガンプさんは、39歳にして突然「大腸がん」を告げられた。そして、家族への報告や検査の様子など、闘病生活の「にちじょう」をマンガ作品として発表していく。


 5月12日発売の『断腸亭にちじょう』(小学館)は、小学館のコミックアプリ「サンデーうぇぶり」で掲載されている実体験を元にしたエッセイコミックだ。



 大腸ガンの告知を受けた後には、現実感がなく、「接地面がどうにも定まらない」感覚が続いていたというガンプさん。告知後の葛藤や苦悩にゆれ動く心情も、赤裸々に描かれている。


 ペットボトルの水を持つ手が電気のようにピリピリ痛むなど、抗がん剤副作用の実体験も。


【あらすじ】

二〇一九年一月。
初の単行本重版を迎え上々の日々を過ごす、
ひねくれ漫画家・ガンプ。

しかし、人生急転。医者に告げられしは…
まさかの「大腸ガン」。

現実感のないままガンプは、

家族へ報告に帰郷したり、
検査、検査、検査の連続だったり、
時には、あやしいクリニックへ
高濃度ビタミンC点滴を受けに行ったり…

しかし、そうした”ゆれ動く日々”を過ごす中だからこそ、
ガンプは湧き上がる感情を「にちじょう」として
書き残すようになっていき―――

これは、四十歳手前の漫画家だからこそ描き出せる…
実体験を元にした、
徒然なる”ガン闘病”の軌跡である。

広告の後にも続きます

 淡々と描かれていることで、むしろガンプさんの戸惑いや苦しみが伝わってくる。「2人に1人はガンになる」と言われる時代。いま、苦しんでいる人や身近で支える人たちだけでなく、多くの人々の参考になる、リアリティあふれる作品だ。


※画像提供:小学館


書名:  断腸亭にちじょう 第1巻 監修・編集・著者名: ガンプ 著 出版社名: 小学館 出版年月日: 2022年5月12日 定価: 990円(税込) 判型・ページ数: A5判、146頁 ISBN: 9784098511396

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル