top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】見つかった父親の変死遺体…警察の調査で浮上した謎

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、安達信氏の書籍『一闡提の輩』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

一闡提の輩

この世に人間として「生(しょう)」を授かることは、極めて稀(まれ)なことである。

瑠衣は出窓越しに、柚子川の砂防ダムから絹糸のように流れ落ちる滝を呆然と眺めていた。二月中旬、砂防ダムの両脇には落葉樹の葉が絨毯のように積み重なっている。ダムを囲むように林立する杉林の上には、満月がまるで木々を押しのけるかのように光彩を放っている。

一昨日朝未明、瑠衣の父・木村直之は、村の消防団の手によって遺体となって発見された。場所は、柚子川に沿って整備されたハイキングコースを二時間ほど登った山の中だった。

遺体は「変死」扱いとなり、警察署の霊安室に運ばれた。警察から依頼された医師が検死した結果、「後頭部に大きな傷。手、足、背中や腹部の数か所に擦り傷。不審な点は認められず、後頭部からの出血多量による死亡」と判断され「死体検案書」が作成された。

広告の後にも続きます

警察署では、直之の父・木村喜一郎、妻・佳奈が立ち会った。遺体は、ハイキングコースから大きく外れた急な斜面を下った柚子川の河原付近で、顔を上にして横たわっていた。雨水を含んだ落ち葉に直之が足を踏み外したかのような痕跡があり、警察は、直之が転げ落ちながら川の手前の大きな岩に後頭部を強く打ち付け、出血多量で死に至ったのではないかと推測した。

警察は、事件性があるかどうかを確認するため、直之の家族全員に聞き取り調査を行うことになった。なぜなら、枯葉で敷き詰められた斜面から泥で汚れた一枚の写真とボールペンが見つかったからだ。写真に写っていたのは娘の「瑠衣」、ボールペンには「from RUI」と印字されていた。写真とボールペンからは、直之の指紋しか検出されなかった。

警察は、現場には直之以外の足跡痕がなく、ハイキングコースから城跡への近道を一人で登ろうとし、前日の雨で濡れた泥土と枯葉に足を取られ転げ落ちたと推定した。警察は、現場の状況から事故死と判断したが、そのことを確定するためには死亡時刻時の家族全員のアリバイと直之の近況を確かめることになった。

喜一郎はその日、趣味の俳句を新聞に投稿するため、家の中を歩き回りながら一日中俳句づくりに没頭していたとのこと。また、直之とは当日の朝ご飯を一緒にしたが、元気がなかったものの特段変わった様子は見受けられなかったと語った。

直之の母・ハナは、十年ほど前から絵葉書に凝っており、その日は大根や葉物野菜を目の前にして水彩画を描くのに専念し、自宅を一歩も出ていないとのこと、直之の表情については、夫・喜一郎同様の返事だった。両人とも八十歳をゆうに超えており、山道を登ることなど到底不可能であると考え、警察は型通りの調査だけで済ませた。

佳奈については、その日の行動を訊き確かめたが、これといった不審な点はなかった。なぜなら佳奈は、二年ほど前から持病の心筋症が悪化し、炊事、洗濯、掃除など家事をやっとこなし、気分がよいときだけ自宅の後方にある小さな畑を耕し種をまき、苗を植え、収穫する日々を過ごしていたからだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル