top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

金正恩総書記「危機対応能力の未熟さや消極的態度が弱点を生み出した」 幹部ら叱責

ABEMA TIMES

 新型コロナの感染拡大が続く北朝鮮で、金正恩総書記が初期対応の未熟さと幹部らの消極的態度が危機を招いたとの認識を示した。

【映像】薬局を視察する金総書記

 18日付の朝鮮労働党の機関紙によると、新型コロナに関連し17日に新たに約23万3000人が発熱し、6人が死亡したという。金総書記は会議で「危機対応能力の未熟さや幹部の消極的態度が弱点を生み出した」「時間が命の防疫戦争で初期の硬直性を増大させた」と幹部らを叱責した。一方、感染状況については政府の対応により好転が続いているとの認識も示された。

 4月末からの北朝鮮の発熱者数は171万5千人を超え、死者は62人に上っている。(ANNニュース)

TOPICS

ジャンル