top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

糸あやつり人形一糸座・四代目結城一糸を襲名する結城敬太、江戸伝内に改名する三代目一糸に聞く

SPICE

(左から)四代目結城一糸を襲名する結城敬太、江戸伝内に改名する三代目結城一糸



江戸時代から続く伝統芸能、“糸あやつり人形芝居”。その劇団のひとつ、糸あやつり人形一糸座が、「四代目結城一糸(ゆうきいっし)襲名」・「江戸伝内(えどでんない)改名」披露公演を、2022年5月27日(金)~29日(日)に赤坂レッドシアターでおこなう。

この公演から「四代目結城一糸」を襲名するのは、三代目結城一糸の長男・結城敬太。彼は、三代目の元で長く人形遣いとして修行に励み、多くの古典演目の主役を務めてきた。三代目が1972年に襲名して以来、50年ぶりの四代目襲名となる。一方、三代目はこの機会に「江戸伝内」と改名する。このほどSPICEでは、三代目結城一糸(新・江戸伝内)と結城敬太(四代目結城一糸)にインタビュー取材をおこなった。襲名・改名に臨む思いや、クラウドファンディングにも挑戦した今回の襲名披露公演への意気込み等を聞いた(※本文内では二人を便宜上、三代目・四代目と記す)。



―― このたびの「四代目結城一糸襲名」ならびに「江戸伝内改名」、まことにおめでとうございます。襲名/改名の正式なタイミングは、いつからになりますか?

三代目一糸(江戸伝内/以下、三代目) 襲名公演開演と同時になります。

広告の後にも続きます

―― 襲名/改名によって、お名前以外に変わるものはありますか。たとえば一糸座の役職や体制などはどうなりますか。

三代目 座長は四代目結城一糸となりますが、芝居の企画は二人体制になります。

―― 三代目一糸(新・江戸伝内)さんにおうかがいします。50年背負ってきた三代目「一糸」ですが、ご自身で振り返ってみて、どのような「一糸」たりえたと思いますか。また、特に印象深い出来事は何ですか。

三代目 古典と新たな芝居の二兎を追ってきました。伝内になっても、きっと二兎を追うでしょう。印象深かったのは、フランスのナンシー国際前衛演劇フェスティバルに1971年に参加した時、世界中の劇団が集まっていました。その中の数劇団には秘密警察が張り付いていました。みんな命懸けで演劇をしているのを目の当たりにし、自分の演劇に対する甘さを痛感しました。その後は演劇は命懸けでやるものと、固く心に誓いました。

三代目結城一糸 40年程前の舞台


―― 今回の四代目襲名は、三代目50年の区切りと同時に、結城敬太さんに「一糸を名乗る技量」が備わったことも理由として挙げられています。「一糸を名乗る技量」とは、紐解くとどのようなことでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル