top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日馬冨士が語った「風呂場での衝撃的なひと言」白鵬の口から出た「次の横綱」の名前は…

アサ芸プラス

 大相撲夏場所(五月場所)は中日を過ぎ、勝ちっぱなしがいない大混戦。星の潰し合いが始まるであろう後半戦だが、抜け出すのは果たして…。

 そんな中、「週刊アサヒ芸能」で連載中のドキュメント漫画「白鵬本紀」第52番は「相撲の父・大鵬の教え」の巻である。

 2007年2月、愛を育んできた和田紗代子さんと結婚した白鵬。第一子である長女・愛美羽(あみう)ちゃんが生まれ、公私共に充実感いっぱいの22歳は、五月場所で3度目となる綱取りに挑み、自身初めてとなる全勝優勝。横綱昇進に花を添えることになる。

「横綱の地位を汚さぬように精神一到を貫き、相撲道に精進いたします」。相撲協会からの使者を迎えた時の白鵬の口上である。

 2007年5月30日、第69代横綱 白鵬翔が誕生する。体重たった62キロの痩せ細った少年は入門から6年半で、ついに各界の頂点に立った。

広告の後にも続きます

「横綱に推挙後に、真っ先に挨拶に出向いたのが、第48代横綱 大鵬さんの所でした」と明かす白鵬。小さい頃、父・ムンフバトから大横綱・大鵬のことを聞かされていたという。父が日本から持ち帰った相撲雑誌を飽きずに見る幼いダヴァに、「大鵬は小さい子供から大人までみんなに好かれた、国民的大スターの横綱」であると教えた父であった。ダヴァの中に、いつしか「大鵬さんのような力士になりたい」との思いが芽生えていたのである。

 その大鵬と面会する機会を得た白鵬。大横綱からかけられた言葉は、横綱に昇進したばかりの白鵬にとって、厳しくも身に沁みるものだった。

「横綱というものは理屈じゃない。勝たなければいけないんだよ。勝てなければ引退しかないことを覚えておくことだ」

 白鵬を形作った「相撲道への覚悟」が、この時にもたらされたのかもしれない。

 そして、2007年七月名古屋場所、横綱デビュー場所に臨む白鵬だったが、果たして…。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル